南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のEl Tiemp紙一面記事です。

ブラジル、ペルーのアマゾンで新たな遊牧民が発見されたようです。
飛行機から写真が撮られたんですが、飛行機に向かって弓矢や槍で対抗しています。

「発見」という言い方もおかしいと思うんですがね。
彼らの方が、ずっと長い時間をアマゾンの中で暮らしてきており、現代社会と隔離されていても、そこに彼らの営みが行われており、わざわざ現代社会の中に取り込んでいく必要は無いと思います。

そっとしておいてあげたら良いのに・・・

ニュースはAFPが伝えています。
続きに日本語版を掲載しています。

Tribu
[Foto: El Tiempo.com]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
アマゾン奥地に新たな先住民、写真公開 違法伐採で生存の危機
2008年05月31日 16:43 発信地:サンパウロ/ブラジル
【5月31日 AFP】(写真追加)ブラジル政府の国立先住民保護財団(FUNAI)は30日、ペルー国境近くアマゾンの熱帯雨林に暮らす外部との接触がないとみられる先住民の写真を公表し、彼らの生活が脅かされていると警告した。

 公表された写真には、先住民はカメラマンが乗った飛行機に向かって弓矢を向けている姿が写っている。

 この写真を管轄するFUNAIの環境保護部門のJose Carlos dos Reis Mereilles氏はエスタド・ジ・サンパウロ(Estado de S. Paulo)紙に対し、この先住民の存在は数年前から知られていたが、「完全に孤立した先住民が暮らしていることを立証し、ペルーからの違法伐採により彼らが深刻な危機にあるということに注意を呼び掛けるためにこの資料を公開することを決めた」と述べた。

 航空機でアクレ(Acre)州のへき地にあるわらぶき屋根の小屋の集落上空を数回にわたり飛行し撮影した。

 英国の先住民支援団体サバイバル・インターナショナル(Survival International)はウェブサイトで、ペルーで進む違法伐採によって居住区を失ったペルーの先住民がブラジルの先住民に接触し、先住民の生存が危ぶまれていると訴えている。同団体によるとブラジル領内には推定500人が暮らしている。

 スティーブン・コリー(Stephen Corry)代表は「国際社会は目を覚まし、国際法にのっとって彼らの居住区を保護しなければならない。さもなければ彼らは絶滅してしまうだろう」と述べた。

 サバイバル・インターナショナルによると地球上には外界との接触を持たない部族が100以上暮らしている。(c)AFP
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「発見」された側は当惑しますよね。ニュースになるのは仕方ないけど、なんだか気の毒なような…。しかし、今まで知られなかった方々がいたのは驚きです。世界は奥深いのですね。
2008/06/01(日) 22:17 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
アマゾンでは、時々新しい部族が発見されています。
でも、この写真、やらせのような気もします。
環境保護団体が発見というのが怪しいです。
2008/06/01(日) 22:47 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/926-e02eccf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。