南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の地震、しばらくはこの話題で持ちきりでした。
中国四川での大地震もあり、多くの人が関心がありどのように備えたら良いのか気になるようです。

一夜明けた今日の新聞では、死者が8名出たとでていました。
震源地はボゴタの南東部、Meta県El Carvario付近、震源の深さは3.5km、震度はマグニチュード5.5とのことです。

ボゴタ市は2,600mの高地に位置する盆地で、周りを山に囲まれています。
多くの高層ビルが林立する東部産地にも断層が走っており、約80年前に大きな地震があったきりで、それ以降は来ていません。

テレビでは子供向けに、防災の啓蒙番組を流したりしています。災害に対する関心は年々上がっているのではないかと思います。
Mapa
[震源地:INGEOMINAS]

Terremoto  Terremoto

Terremoto  Terremoto
[Foto: El Tiempo.com]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
[CNN.jpの記事は続きから]
2008.05.25 Web posted at: 13:28 JST Updated - CNN/AP
サイエンス
コロンビア首都でM5.6、6人死亡
ボゴタ──南米コロンビアの首都ボゴダで24日午後2時20分、マグニチュード(M)5.6の地震があり、ハイウェーの落石で少なくとも6人が死亡、10人以上が負傷した。

米地質調査所(USGS)によると、震源地はビジャビセンシオの北30キロ、ボゴダの東南東50キロ、トゥンハの南南西125キロ、ヒラルドの東125キロで、震源の深さは10キロ。揺れは約40秒続いた。発生から1時間以内には、弱い余震も複数回感じられた。

ボゴダ市内では多くの住民が建物から避難し、電話回線が一時不通になった。ウリベ大統領は直ちに被害状況の調査を指示した。

ボゴダの南東35キロの町では、教会や一部民家に被害が出た。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
亡くなられた方がいらしたのですか…。中尉さんの周辺は大きな被害はなかったのでしょうか。普段起きてなかっただけに、混乱もあったのではないかと思います。
2008/05/26(月) 22:39 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
地震の影響で、道路の斜面が崩れ亡くなった方もいました。
5千人が避難生活をしているようで、まだ被害は増えそうです。
ボゴタは大きな被害はありませんでした。
2008/05/26(月) 23:07 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/916-3ed720b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。