南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーマーケットCarullaのスイーツが続きますね。

これも、パン屋さんのショーケースに有ったものを買ってしまいました。
1個3,000ペソ(150円)でした。

コロンビアではブルーベリーをAgrazといいます。
スペイン語圏、南米の中でも特に野菜や果物は呼び名がだいぶ違います。

初めての海外旅行で行ったアルゼンチン、その後に行ったチリでもスイカや桃、パイナップルなども違う呼び名でした。

パイはPieとマックなどでも書かれています。スペイン語読みするとピエで足になっちゃうんですよね。
コロンビアは英語からの外来語も多くて、英語発音するべきか、西語読みするか悩むときがあります。
最初は、マックでアップル・パイ(Pie de Manzana)を注文するのに「ピエ・デ・マンサーナ」って西語読みで注文したら、しっかりと「パイ・デ・マンサーナですね」って直されました。
Bagelのお店も、ベーグルというべきか、バヘルと言うべきか考えた末に、バヘルと注文したら、しっかりと「ベーグルですね」って直されました。

Pie de Agraz
[Pie de Agraz]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
caffe`latteはイタリア語ではカフェラッテというのが正しいですが、日本ではカフェラテと直されます。ちょっと中尉さんの話と違うけど…。スペイン語圏は広いので、呼び名・文法なども大分違うのは当然ですね。イタリア語にも方言が多くあり、今では廃れてきているようですが、動詞もまったく違っていたりします。なので、多分純粋な方言で話されたら、殆どわかりません。イントネーションの違いもあり、地方ごとに特徴があり、興味深いです。
2008/09/05(金) 23:55 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
スペイン語はスペインの中でも方言がすごいですよ。ガリシアのガジェゴ、バスク、バルセロナあたりのカタランはもう、違う言葉といった感じです。
国によっても言い回しも違いますが、コロンビア国内もイントネーションや方言が多彩で面白いです。
2008/09/07(日) 10:42 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/898-3f49654a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。