南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
El Tiempo紙にこんなタイトルの記事がありました「Japón, Europa y E.U. ofrecen 'ñapas' a Colombia para quedarse con negocio de televisión digital 」。

いま、コロンビアではアナログに次ぐ次世代のデジタル・テレビの導入にあたり、日本方式、ヨーロッパ方式、米国方式でどれを導入するかの検討がされています。
ここに、第四勢力の中国方式も入ってきて、猛烈なプロモーション合戦が行われているようです。

「ñapas」って単語、知らなかったので調べてみたら「おまけ」だそうです。
記事の中には、方式が決まったらデコーダーを作る工場をコロンビア国内に設置し、雇用促進に協力するとか、経済支援を行うとか色んな「おまけ」をつけて売り込み合戦をしているようです。

日本方式が採択されると、その後のデジタル対応のテレビやチューナーなど全て日本メーカーの強みが発揮されるので、日本政府、メーカーには日本方式が採択されるように頑張って欲しいですね。

ボゴタで行われている国際図書展でもしっかりと日本方式のデジタルテレビのデモが行われており、多くの人が映像の美しさに足を止めていました。

世界ではブラジルが始めて日本方式を採用してくれています。
チリももうじき方式を決定するみたいです。
この勢いで、南米大陸全体を日本方式で埋め尽くしたいですね。
頑張れ、日本!!!

Television Digital
[国際図書展でのデモ]

Television Digital
[Foto: El Tiempo.com]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
熾烈な競争というわけですね。世界標準ではなく、このように方式が違うとは知りませんでした。「おまけ」も大がかりですね。
2008/05/05(月) 23:27 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
日本方式が導入されると、その後の経済効果も計り知れないので、官民一体で頑張って欲しいです。
2008/05/06(火) 11:19 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/889-b2d75120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。