南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銅像シリーズ。
このMiguel Grau Seminario提督はペルーの方。

Calle 83沿いのJuan Valdez珈琲の前辺りにいました。
銅像の下には、ペルー政府からボゴタ市に寄贈されたと書かれていました。

この提督は1834年から1879年年まで生きた軍人、時代的には日本に開国を迫ったペリー提督と同じですね。
ペルーでは有名な英雄のようで、2000年に実施されたペルーでの投票でも選ばれているようです。

う~ん、海軍の提督が山の中のボゴタに何故佇んでいるのか不思議です。

Miguel Grau Seminario
[Miguel Grau Seminario]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
軍人さんの銅像はどこの国でも多いんでしょうかねぇ。個人的には、イタリアで言うと昔の喜劇王トトとか、現代喜劇王のベニーニ、ダイナミック美女ソフィア・ローレンなんかと銅像があったら楽しいかと思います。
2008/09/01(月) 22:28 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
海軍中尉殿、
つかぬ事を伺いますが、コロンビアで日本の電化製品を変圧器を使わずに使用された事はありますか?私は日本仕様の電化製品は故障が怖いので常に変圧器を使用しています。日本との差は10V程度なので使用しても問題ないような気はしますが、もしご存知なら教えて下さい。
2008/09/04(木) 05:28 | URL | the outernationalist #-[ 編集]
Donnaさん
いろんな銅像がありましたよ。
まだ、書き溜め記事があるので追ってだしますね。

the outernationalistさん
ヘアドライヤー、電気ひげそり、ノートパソコン、プリンタ、デジカメの充電器、日本の携帯電話の充電などなど、変圧器を使ったことは無かったです。
10年まえの滞在時には電圧が不安定でだめになったものもありましたが、こないだの滞在ではひとつも壊れませんでした。
自己責任で試してください。
2008/09/04(木) 23:05 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/880-a3a99a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。