南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セルバンテスといえば、ご存知、ドン・キホーテを書いたスペインの作家。

前に紹介したエクアドル作家もそうですが、コロンビアとはあまりかかわりの無いセルバンテスが何故、立っているのか・・・・

文化省かボゴタ市文化局にでも聞いてみようかな・・・

Miguel de Cervantes Saavedra
[Miguel de Cervantes Saavedra ]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
スペイン語圏でセルバンテスはカリスマ的存在というわけではないのですか? どんな作品でもそうでしょうが、古典を読むには時代背景とかの知識も必要ですね。今さらですが、授業で「神曲」を習っています。ただ言葉の意味だけ調べてもわからないことが多々あります。
2008/07/31(木) 23:03 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
時代背景等を知っているともっと楽しくなりますよね。
いま、江戸時代の文化関係の本にはまってます。
神曲って知りませんでした。
どんなものなんでしょうか?
2008/07/31(木) 23:12 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
主人公(ダンテ)が古代の詩人や理想の女性ベアトリーチェに導かれ、地獄、煉獄、天国を巡る話です。古典なので、現代イタリア語訳を読まないとわからないし、寓意とか、歴史的背景の(注)だらけです。長いので、もちろん少し読むだけです。昔、日本で漫画化もされてたのには驚きです。
2008/08/02(土) 00:28 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
Donnaさん
って学生なんですか。
イタリアが大好きなんですね。
そのお話、知りませんでした。
落ち着いたら、イタリア文学なども読んでみようかと思います。
2008/08/02(土) 01:29 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
経験豊かな社会人であります。イタリア語教室は週1回。本読んだり、テレビ見たり、勉強は毎日してますが。しかし、「神曲」は皆イタリア語やってる割に知らないってことで、少しかじっているだけです。普段読むのは現代作家。今は「コレラの時代の愛」のイタリア語訳を読んでます。
2008/08/02(土) 23:02 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
イタリア語の中で「神曲」って出てくるんですね。
文化や歴史まで学ぶと言葉を学ぶのが楽しくなりますよね。
頑張ってください。
2008/08/03(日) 18:56 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
セルバンテスって戦争で足を失くした人でね、晩年コロンビアに移民したがっていたんだよ。そのころスペインの貴族階級が新天地を求めてコロンビアに移民し、刑務所の死刑囚などをアンチオキアの金山の炭鉱夫として連れてきた。それがメデジンカルテルの先祖という話だよ。
2008/08/09(土) 12:26 | URL | paco #ahLFi9rE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/879-fc3197a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。