南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Juan Valdezのカフェモカです。

芸術的な細工をしてくれました。
隣にあるのは、チーズマフィンとAlmojabanaです。

Bogota市内は、いたるところにJuan Valdezが増殖中です。

Valdez Cafe Moca

Blog Ranking Banar3
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コロンビア版スタバのようなcatena
(チェーン)店なのでしょうか。ミラノなどはマックもいくつもあり、チェーン店も多いようです。ナポリにはまだスタバはないと少し前に聞きました。グローバル化は北のほうが
進んでます。
2008/03/18(火) 22:33 | URL | Donna+de+salsa #-[ 編集]
すごい!
芸術的細工ですね!
スパイダーマンみたい(笑)
どうやって作ったんでしょうね・・・
2008/03/18(火) 22:39 | URL | Akemi #-[ 編集]
おいしそうですね!!

未だこっちにはチーズマフィンたる
ものがないな・・・
2008/03/19(水) 08:54 | URL | doizo #-[ 編集]
これはおいしそうですね。
ところで、まだアマゾンのカワイルカネタを追いかけているのですが、
ブラジル人スタッフから以下の情報が届きました。
ピンクイルカの危機1) ピラカチンガ漁の餌 : コロンビア人がすごく好む魚、ピラカチンガ(学名> =Callphysus macropterus)はほとんどブラジルから輸出されています。ブラジル人はその魚の肉がくさいと言ってほとんど食べません。年間の輸出量のデーターはありませんが、現地の一箇所だけの釣り場(冷凍室)でベーラ先生が調べたデーターが> 年間80,000~100,000キロのピラカチンガがコロンビアに輸出されているそうです。ピラカチンガを釣る為の餌はイルカの肉です。1頭のイルカで200キ ロくらいのピラカチンガが釣れます。ベーラ先生のデーターでは、2005年に西アマゾンテフェー市からフォンテ・ボア> 市の間の地域だけで、およそ1,600頭のイルカが漁のために殺されているそうです。多分、現在の一番のピンクイルカの危機だそうです。
→この「ピラカチンガ」という魚、ご存知ですか?
2008/03/19(水) 18:54 | URL | arriba #-[ 編集]
皆さん
Juan Valdezは今、世界中に出店中です。日本にも近いうちに一号店が出るようですよ。
このモカやチーズマフィンが食べられる日は近いかも!!

Arribaさん
このメッセージを見たのが一歩遅かった。
ちょうど、マナウスへ出張へ行ってました。
アマゾン県の友達に聞いてみます。
2008/03/21(金) 13:06 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/783-3554a4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。