南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bogota市内には多くのバスやタクシーが走っている。
これらが市民の足になっている。
バスは運転席の前に行き先が書かれており、それをすばやく確認し手を挙げる。
バス停もあるが、どこでも停まりどこでも下車が可能だ。
そんな無秩序な公共交通事情だが、新都市交通システム”Trans Milenio”は違う。
市内を走る2連結バスの電車といったらわかりやすいだろうか。

この新都市交通システムの作成に当たっては、日本のJICAがマスター・プランを作ったようだ。
”Milenio”と命名されている通り、21世紀の都市交通システムを目指し2001年1月からBogota市内に導入された。
主要道路には駅が作られており、システムは日本の電車と同じ。
入り口でチケット($1,200)を購入し、改札を通り乗車する。

路線によっては、まさに日本の電車並みに混雑している。
お試しで乗るのであれば、すいている路線で各駅に停まるものに乗ると良いのでは。

Avenida Caracasなどを散歩するとその横を多くの人を乗せたTrans Milenioが沢山通過していく。
専用レーンを有しているのでかなりスムーズに目的にいけるのではないかと思う。
Trans Milenio

Transmilenio


関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/73-ecb87027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。