南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この間の登山では、学生時代を偲びフランスパン1本を持っていった。
年末の登山にも持っていったが、パンもピーナッツバターもカチカチに凍ってしまい、食べるたびに唇から血を流してしまった。

今回は、行動中は氷点下になることもなく、とちゅうでパンをちぎりピーナッツバターを塗って食べた。
2日目は停滞だったので、テント内で温かいスープとともにフランスパンを食した。
なんだか、懐かしかったもののフランスパンである必要があるのかわからない。

高校時代はかなりの人数での合宿だったので、1泊2日の山行も毎回、フランスパンを5~6本かって分担してザックに括り付けていた。
なぜか、昼食に他の選択肢はなく、ジャムを選ぶのが唯一の楽しみだったような・・・

おやつには、温かくなってきたので定番のお汁粉ではなく、フルーチェを久しぶりに作った。
いや~、これも懐かしい味で、沈殿テント内で一人でしみじみと味わいました。


仙丈岳
[今回の荷物、スキーはお荷物]

仙丈岳
[2日間のお昼、フランスパン]

仙丈岳
[テント内での昼食はのんびりできる]

仙丈岳
[常温保存牛乳とフルーチェ]

仙丈岳
[見た目はイマイチだが美味しいフルーチェ]
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/1249-11614d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。