南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、術後ということも有り、遠出はせずに家でおとなしくしていた。

スノーソーが欲しくて、ネットでいろいろ探していたが、結構な値段がするのに驚いた。
林業用の鋸から自作した人もいるようだ。

ということで、時間があったので自作しました。
このホームセンターの竹ですが、竹ペグを作成した際にも購入したもの。
しっかり乾燥しているし、加工しやすい。
硬さも十分なので、さすがに、カチカチの氷は歯が立たないと思いますが、春先の締まった雪でも十分機能すると思います。

いくつか調べた中では、SMCのフィッシュボーンタイプが最軽量だった。100gを切るのはかなり厳しいかもしれないい。
まだ、削り足りないので、もう少し薄くして、いらない部分は穴を開けて100g前後まで軽量化したいと思います。

このスペックで100円弱という、超コストパフォーマンスの良さ。
3月の春山合宿で早速使ってみます。


【スノーソー比較対象製品】
 natural spirit スノーソー   280g 54cm(\5,460)
 モチヅキ スノーソー      270g 54cm(¥5,460)
 G3 ボーンソー         169g 47cm(\6,090)
 Black Diamond フリックロックスノーソウ 160g 刃長35cm(¥4,830)
 LIFE-LINK スノーソー     155g 56cm(¥4,800)
 SN13 レッドバット用スノーソー 115g 40.5cm(\4,830)
 SMC スノーソー         96g 52cm(¥6,048)

【材料】竹。細引き。
【工具】鋸、金ヤスリ、電動ドリル(錐でも代用可)
【材料費】 298円(の3分の1)=99円
【作業時間】 2時間半

【レシピ】
 ホームセンターで平たい竹を購入
 適当な長さ(今回は60cm)に竹を切る。
 鋸の歯の部分を、刃先は3cm間隔、それ以降は4cm間隔で作成。
 ポイントは、鋸のように、歯の向きを互い違いにして削る。
 金ヤスリで形を整える。
 ドリルで穴を空け、家庭にある細引きを通せばできあがり。

【スペック】
 全 長 60cm
 刃渡り 42cm
 重 量 143g


Snow Saw
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これって何に使うの?
雪かき???(汗)
2011/02/27(日) 17:27 | URL | エスペランサ #B7q/.fmY[ 編集]
Esperanzaさん

これって、雪を切り出す鋸です。
雪のブロックを切り出して、イグルーを作ったり、風除けの壁を作ったりするんですが、あまり使うものではないので、高い金出すのいやで作ってみました。
コロンビアにいた時は食べ物系でいろいろ手作りしたけど、日本ではこんなものばかり作ってます。
2011/02/27(日) 18:18 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/1221-eaffe35f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。