南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NGO連合体の地雷禁止国際キャンペーンが2009年版「地雷モニター報告」したとのニュースがありました。

これによるとアフガニスタンがコロンビアを上回り、6年ぶりに最大の被害国になったそうです。
アジア地域での被災が増えているみたいです。

コロンビアが減ってきているのは、地雷除去が進んできているかならのでしょうか。

この間、地雷除去機の記事を書きましたが、この機材が届けば、もっと被災者は減っていくかと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
【共同通信のニュース】

地雷、不発弾被害はアフガン最多 08年の死傷者
 【ジュネーブ共同】非政府組織(NGO)の連合体、地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)が12日発表した2009年版「地雷モニター報告」によると、08年の地雷や不発弾による死傷者数はアフガニスタンが992人と南米コロンビアを上回り、国別で6年ぶりに最大の被害国となった。

 長年の紛争で地雷、不発弾被害が常態化しているのに加え、昨年以降は反政府武装勢力タリバンの活動が活発化していることなどが要因。アフガンは国連などによる地雷除去や被害者支援活動が最も盛んな国だが、報告書は「経済発展レベルの低さと紛争の継続のため、被害者の状況はほとんど改善していない」と危機感を募らせている。

 報告書によると、08年の世界全体の死傷者数は5197人と07年に続いて減少。アフガンは前年比150人増え、3年ぶりの増加を記録した。2位のコロンビアは127人減の777人だが、3位のミャンマー(721人)、4位のパキスタン(341人)は前年から増えており、アジア諸国の増加が目立った。
2009/11/12 19:59 【共同通信】
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/1102-6ab3680e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。