南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月13日の記事で紹介したコロンビア映画。
映画館では見ることができなかった。
DVDが販売されているのを見つけて、購入してしまいました。

この映画は、数々の国際映画祭で受賞をしていると聞いていたので、結構期待して観たのですが・・・・

全編をワンカットで撮影したり、撮影にはこだわりがあったのでしょうが、結構、カメラが揺れたり回ったりで観ていて酔ってしまう。
また、爆弾処理班の対応に緊迫感も無ければ緊張感もない。

実際の爆弾処理班の映像を見たことがあるが、現実と映画ののんびり感のギャップに違和感がありました。

題材は良いので、爆弾処理班に焦点を当てたり、家族の描写にもう少し力を入れるとかいろいろやり方があったのではと思います。

興味ある方は是非、どうぞ。

PCV-
[PVC-1 余命85分]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いろいろと 映像や現実感が多少希薄な感じもしますが ラストがすべてです。 暗澹たるコロンビアの現状を認識できるし、理不尽な現実や終わりなき暴力や内戦やら なんでもありのまさにコロンビアの世界ですよ。 こういう映像を コロンビアのいわゆる支配階級がみると どう思うんでしょうか?
2009/11/05(木) 05:44 | URL | カルロス #-[ 編集]
カルロスさん
これも現実なんですよね。
国内では、みんなテロや誘拐はよその国のことって感じです。
良いことの方が多いんですがね。国のイメージを替えるのは大変ですね。
2009/11/05(木) 23:15 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
随分早くDVD化されたのですね。中尉さんの言われるように、家族の描写で訴えるところがあったら、より素晴らしくなると思います。レンタルDVD探してみます。
2009/11/05(木) 23:51 | URL | Donna de salsa #-[ 編集]
Donnaさん
もう見られたのですね。
題材はいいのに、ちょっともったいない感じでした。
是非、レンタル探してみてください。
2009/11/06(金) 23:33 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コロンビアの国のイメージは完全に定着しています。 麻薬 暴力 内戦 ゲリラ 等の負イメージです。今後 これらを払拭するには、すでに困難な状況です。 現実のコロンビアで 住んでみた印象とはかなりちがうと思う方多いですが 政府の治安の維持がある程度行き届いたエリアであれば そうですが、コロンビアは広いですから ゲリラや貧困エリアなど いろいろありますからね。映画は予算も限られているし インパクト性やコロンビアの現状を訴えたいなら 大成功でしょう。 
2009/11/07(土) 07:56 | URL | カルロス #-[ 編集]
カルロスさん
そういう見方もありますね。
この映画って、話題になったのでしょうか。どのくらいの人が見たのか気になります。
2009/11/15(日) 14:39 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/1098-092d3b6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。