南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お土産に、とても珍しい愛知県半田市の「生せんべい」なるものをいただきました。

箱を開けて見て、名古屋のウイロウかなと思ったのですが、味はお煎餅っぽく、ウイロウとはちょっと違った味。

初めて見る生せんべいですが、とても美味しかったです。
なんと、永禄3年(450年前)の桶狭間の戦いで織田信長に追われた家康が、干してあった生のせんべいを食べたのが、生せんべいの始まりだそうです。
なんとも、歴史あるお菓子だったんですね。

名古屋に在住していたときには、知多半島や半田市には何度もいっていたのですが、この生せんべいは知りませんでした。
どうしても、えびせんが有名だし、好きだったので他のお菓子には気が付きませんでした。
残念!!

この生せんべいは「全国菓子大博覧会内閣総理大臣賞」もとっているようです。

生もので日持ちはしないようなので、愛知県方面に行かれたら探してみてください。

ホームページを見てみたら、発送もしてくれるみたいです。
 知多銘菓 総本家田中屋 ⇒ こちら

Nama senbei
[生せんべい]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
濡れせんべいというのは食べたことがあります。柔らかくて、電子レンジで少し加熱して食べるものでした。私は「あられ茶漬け」という辛くて小さなお煎餅をよくおつまみに食べています。
2009/06/14(日) 10:02 | URL | Donna de salsa #-[ 編集]
Donnaさん
濡れせんべい、食べました。
おせんべいというと、パリッとしたイメージがあるので、ちょっと驚きですよね。
あられ茶漬けはまだ知りません。
おつまみは柿の種が多いです。
あられ茶漬けも探してみます。
2009/06/14(日) 21:02 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/1066-95d25b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。