南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロンビアの音楽Vallenatoヴァジェナト)の代表的な作曲家、Rafael Escalonaが5月13日に永眠した。

1927年5月27日生まれ。
15歳で初めて曲を書き、Vallenatoを有名にしてきた立役者だった。
らしい・・・

コロンビアにいたときは、誰もが知っていて神様みたいな存在だった。
Vallenatoは大好きだがエスカロナが作った曲がどれなのかはよくは知らなかった。

でも、聞けば誰もが知っている。日本で言えば阿久悠は知らなくても、彼の書いた詩は誰もが聞いたことがある、そんな存在だったのかも知れない。

彼の死は海外でも報じられている。

縁があり、直接お話する機会があった。「Vallenatoが大好きなんです」というと笑って握手をしてくれた。とっても優しいお爺ちゃんだった。

Rafael Escalonaで検索してヒットした曲を載せておきます。

合掌


[LA CASA EN EL AIRE - FUERZA VALLENATA]


[EL AÑO VIEJO - FUERZA VALLENATA]
年末には必ず聞く曲です。



[La Cartera - Carlos Vives]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
久しぶりに聴きました。民俗調のものもコロンビアらしくよかったですが、3曲めのロマンチックなのが一番気に入りました。きっとステキな方だったのでしょうね。
2009/05/17(日) 21:05 | URL | Donna de salsa #-[ 編集]
エスカロナさんは、この若いカルロス・ヴィヴェスに楽曲を提供したことで、ヴァジェナトが広く知れ渡ったようです。
いいですよね、ヴァジェナト。大好きです。
2009/05/18(月) 23:25 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
日本ではバッジェナートの好きなひとは、山口弁護士(ななころびやおき)さん ラティーナにも書いていた。 同じ事務所の弁護士も好きでコロンビアのバジェナバルまで行ったようです。 クリントン元大統領もお好きだったようです。 ご冥福をお祈りいたします。
2009/05/19(火) 09:14 | URL | カルロス ガラン #V2sZb5bY[ 編集]
私は、calle 19 NO.3-50 Apt.baricharaに25年間、住んでいました、エスカロナさんとはエレベーターで時々一緒に乗り合わせていました。ご冥福をお祈りいたします。
2009/06/09(火) 11:25 | URL | 佐野 忍 #JG1OT9bI[ 編集]
佐野様
住所からすると、モンセラーテのケーブル駅に近い辺りでしょうか。
その辺りに友人がいて、遊びに行きました。
エスカロナさんもその辺にお住まいだったのですね。
2009/06/09(火) 23:19 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
この辺は、10くらいの大学があって、学生の街でした。私は昨年の夏までここに住んでいて、Calle 181 c NO.11-75 の方へ引っ越しました。セントロは週末には学生が居なく、やっぱりノルテの方が生活感があって楽しい週末がすごせるから!。
2009/06/11(木) 14:05 | URL | 佐野 忍 #JG1OT9bI[ 編集]
佐野様
週末のセントロは結構好きで散歩しました。
人がまばらなのが良いかと。
ノルテは趣が無くて・・・
Las Americasの辺りや、Galeriaの辺りも良かったです。
あ~、コロンビアに帰りたい・・・
2009/06/12(金) 22:08 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/1060-d0a76141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。