南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや~、すっかりブログの更新頻度が落ちてしまってます。

さて、小学館から『岳』の最新巻がでました。
アルプスを舞台にした、山岳救助を中心とするお話が中心なので、本書を読んだ友達からは「山ってそんなに死ぬの?」と聞かれてしまいました。
あくまで舞台が救助ということであって、無事に下山する人の方が圧倒的に多いです。

これまでも山岳漫画はいくつかありましたが、現在、週刊誌等に連載中の漫画は『岳』と『孤高の人』かな。
『孤高の人』はちょっと暗く重たい雰囲気ですが、この『岳』はほのぼのとしていて好きです。

興味ある方、読んでみてください。

岳   9
ビッグコミックス
著者名 石塚 真一 著
出版社名 小学館 (ISBN:978-4-09-182380-9)
発行年月 2009年02月
価格 550円(税込)

岳9
[岳 第9巻]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
山岳マンガがあるとは、恥ずかしながら知りませんでした。ダンテの神曲のマンガ化もあるくらいですから
まったく不思議ではありませんが
(神曲はダンテに心酔している永井豪さん作)。
2009/03/01(日) 22:23 | URL | Donna de salsa #-[ 編集]
Donnaさん
いまは、何でも漫画になってしまいますよね。
登山なんかは小説で読むよりはイメージがもてるのかも知れません。
2009/03/03(火) 00:07 | URL | Kaigunchui #iM6BRqn6[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/04(水) 07:23 | | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/03/06(金) 10:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaigunchui.blog103.fc2.com/tb.php/1037-de00dfca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。