南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに映画を見に行った。
『闇の列車、光の旅』というもので、中米ホンジュラスから米国に密入国する家族とメキシコのギャング団マラスの少年との出合を描いたもの。

中南米から米国への密入国を描いたコロンビア映画で『Paraíso Travel - 楽園への旅』 (過去の記事はこちら)を以前に紹介したことがある。
コロンビア映画は、青年の苦悩を描きつつもどこか明るいところがあり、ラテン的な映画だった。

今回の映画は、厳しい現実がそのままという感じだった。

是非、興味ある方はご覧になってください。

闇の列車、光の旅



にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
スポンサーサイト
このところコロンビア関連のニュースが日本でも報道されていた。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の親善大使を務めるアンジェリーナ・ジョリーがエクアドルに住む、コロンビア人難民を訪問したり、コロンビア国軍がFARCに誘拐されていた警察官を12年ぶりに救出したなど良いニュースが続いた。

また、ウリベ大統領の功績かコカの栽培も世界第一の座をペルーに受け渡した。

この8年間のウリベ政権で治安が大幅に良くなり、経済成長も目覚しく、目に見える形で活気が出ていた。

一方、あまりうれしくないニュースもある。

カリに住む日本人が誘拐されてしまったようだ。
一般犯罪者に誘拐された後に、FARCに売られてしまったみたいだ。

折角、日本からもコロンビアに向けて団体ツアーや世界遺産ツアーが出るようになっていたのに残念でならない。
サントス次期大統領には、引き続き治安問題を頑張って欲しい。


交番
[イメージ:ボゴタ市内の交番]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
[Secuestro en Colombia - コロンビア邦人誘拐]の続きを読む
6月20日に大統領選挙の決戦投票が行われた。

予想通り、サントス元国防大臣が勝ちました。
サントスさんはウリベ路線を引き継ぐ候補なので、引き続き治安の改善やコロンビアのイメージアップに貢献してくれると良いと思います。

コロンビアには日本から団体旅行が訪れる時代になっています。

その他にもいろいろなコロンビアニュースがあるのですが・・・
なかなか記事にできません。

Viva Colombia !!

Transmilenio
[Bogotaのトランスミレニオ]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
トレジョグって言葉があるのか知らないが、トレランほどランニングはできず、ジョギングだった。

山の中を走ったのは高校時代のトレーニング以来かもしれない。
久しぶりすぎて、山の中を走るという感覚がつかめなかった。

それでも、コースタイムが7:55のところを4:52で歩きとおすことができた。
年に何回かは、心配機能と筋力を限界まで上げてみるのも良いかなと思った。

あとは、夜通し歩き通す訓練などもしておかねば。

今回のコースはゆっくり歩いてみるのも楽しそうなコースだった。

もみじ苺、桑の実、山椒、イタドリなど食べられる木の実が沢山だった。
もみじ苺はちょうど食べごろで、思わず集中して食べてしまった。

ツツジも奥多摩に比べると1ヶ月は遅いようだった。

 ヤマレコの記録は⇒こちらから


金太郎  かっぱ天国

山椒  桑の実
[山椒]                        [桑の実]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
武蔵境の元祖油そばを久しぶりに食べた。
昔は特大が普通だったけれど、大にしてみた。

なつかしの味でお腹一杯。
昔はねぎはサービスだったと思うのだが、100円増しだった。
味付け玉子も無かったような!?

この味玉黄味がねっとりやわらかく、麺にからめるとこれがおいしいかった。

亜細亜大学は覗いて見たら文連祭をやっていた。


油そば
[大ねぎ味玉]

油そば 油そば
[珍珍亭と亜細亜大学]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
富士山剣が峰にて、風雪に耐えてきた富士山レーダー。
何度か冬に登ったときに、中を見学させていただき来訪者ノートに記入をしたこともある。
寒い冬に温かいお茶を頂き、ホッと一息ついたことを覚えている。

この建設の模様は新田次郎の小説や、NHKのプロジェクトXで取り上げられたり、映画にもなっている。
高度成長時代の日本の底力を見せ付けた歴史的なものだった。

撤去されてしまったレーダーを偶然に発見。
河口湖の道の駅に博物館があり、そこに富士山レーダードームが凛々しい姿がありました。

富士山レーダー
[富士山レーダードーム]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
からっと晴れた気持ちの良い天気だった。

まだ、入梅していないが近くの公園では紫陽花が満開だった。
バラ園も様々な色の花が咲いていた。

子供達は噴水の中で水浴びを楽しんでいた。

一年の中でも一番心地の良い時期かもしれない。

四季のある日本はとても素敵だ。


Parque

Parque

Parque
[公園の花]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
今シーズン2回目の沢登りで、丹沢のマスキ嵐沢を登った。

久しぶりの大人数の山行で楽しく登れた。
マスキ嵐沢は短いコースながら、ナメや小滝もあり、最後の涸沢はクライミングだったりと、いろいろと楽しめるコースでした。

帰宅して荷物の整理をしていたら、サングラスを落としてしまったことに気が付いた。
ショック・・・

 ヤマレコの記録⇒こちらから

マスキ嵐沢  マスキ嵐沢
[躑躅の咲くマスキ嵐沢]              [小滝を攀じる]

マスキ嵐沢  マスキ嵐沢
[マスキ嵐沢を遡る]                [最後の詰め]

マスキ嵐沢
[西丹沢]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
最近はすっかりコロンビアネタがなくなってしまったこのブログ。
大統領選挙の途中経過も何度か書こうとしたのですが・・・

5月30日にウリベ大統領の後任を選ぶ大統領選挙が行われました。
ウリベ政権で国防大臣を務めたサントスさんが当初は有利で、パストラーナ政権時代に外務大臣を努めたサニン女史、元ボゴタ市長のモックス氏などが名乗りを上げました。

直前の世論調査では、モックス氏が有利との情報もあったのですが、結果はサントス産が47%の得票率。
モックス氏が21%と大差が付きました。

一度で過半数を超える得票が無かったため、6月に上位2名での決戦投票が行われます。

モックスさんは確か、市長の時代にトランスミレニオの導入に着手した人だったと思います。
コロンビア・ナショナル大学の学長も勤めていました。

どちらが大統領になっても、劇的に変わったウリベ政権の良い部分を引き継いで欲しいです。
ボゴタは再び、治安が悪くなってきているようで心配ですが。

Transmilenio
[Bogotaのトランスミレニオ]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
[Elecciones 2010 - 2010 コロンビア大統領選挙]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。