南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は予定通りIron Maidenのコンサートが行われたようです。

ニュースで見ましたがものすごい盛り上がりようです。
スペイン語では「アイロン・メイデン」って発音するんですね。
ご覧ください。


映像のリンクが貼れなかったので別ウィンドウでどうぞ。

Blog Ranking Banar3
スポンサーサイト
こんな色のパソコンが欲しい!

ブログ村とソニーバイオのコラボキャンペーンに応募してみました。

個人的にはガンメタリックのパソコンがいいかな。
昔は、黒かグレーしかなかったのに色んないろのノートブックが出てますよね。

すごい。

一番最初に買ったPCは1993年にNECのノートでした。OSはハーモニーってやつですが、その後にでたWindowsには驚かされました。
ハードディスクも100mしかなかったけど、今ではフラッシュメモリで8Gですからね。
進化がすごいです。


Vaio C
[写真はSony Styleから拝借です。]


 Sony Vaioのページ
 ブログ村xVaioのページ

Blog Ranking Banar3
昨日の記事の続報です。

写真がEl Tiempo.comに掲載されましたので紹介します。

いやぁ~、この熱気、現場にいたかったです。

頑張れ国家警察!!!

Silla de Rueda

Silla de Rueda

Silla de Rueda

Silla de Rueda
[Fotos: El Tiempo.com]


Blog Ranking Banar3
2月18日の記事で紹介した、車椅子に乗った警察官達の続報です。

18日にMedellin市を出発し、今日、27日にBogotaに18名全員が到着しました。
沿道では多くの人たちが彼らを応援していました。

彼らが無事に首都Bogotaに到着した日に4名の人質が解放されたのはダブルで良いニュースとなりました。
これら活動を見て、FARCが人質全員を解放してくれることを期待しています。

ゴールした写真は明日の新聞には出ると思います。追って掲載したいと思います。

[関連記事]
 569 kilómetros en Silla de Rueda - 車椅子での569km走破

Silla de Rueda  Silla de Rueda
[Fotos : El Tiempo.com]


Blog Ranking Banar3
今日は大きなニュースが2本あったので続けてお伝えします。

FARCに誘拐されていた元議員のGloria Polanco, Orlando Beltrán, Luis Eladio Pérez、Jorge Eduardo Géchemの4名がまたまた、ベネズエラの仲介により開放されました。クラッカー
彼らは6年以上もジャングルで拘束されていました。

今年の1月10日にベネズエラの仲介で2名が開放されて以来になります。

明るいニュースですが、解放の裏でHugo Chavez大統領がFARCとどのような取引をしているのか、気になって仕方がないです。

まだチャベスはTVに出ていませんが、何を言うのか楽しみです。


[解放の瞬間です。]

[関連記事]
 Liberación de Consuelo y Clara - FARC 人質解放
Blog Ranking Banar3
[CNN.JP記事は続きから]
[Liberación de 4 Congresista - FARC人質解放]の続きを読む
またまた、新聞記事から。
2月26日今日のEl Tiempoからです。

2月28日にBogotaのParque Simon Bolivar(シモン・ボリーバル公園)でIron Maidenのコンサートが開かれるようです。

週末から場所取りのテントが並んでいて5万人がこのコンサートに行くようです。

学生時代にヘビメタが好きでしたが、今はしっとりとVallenatoファンの海軍中尉です。
コロンビアの人がこんなにヘビメタ好きだとは知りませんでした!!

そういえば、このシモン・ボリーバル公園は日本のJICAが調査をして設計をしたようです。

Iron Maiden

Iron Maiden  Iron Maiden

Iron Maiden  Iron Maiden
[Fotos : El Tiempo.com]

Blog Ranking Banar3
最近、外で取材する時間がなく、新聞記事の引用ばかりで恐縮です。
またまた、2月23日のEl Tiempoから。

Bogota市内で、公共自転車の導入を検討しているらしい。
ブエノスアイレスやマドリード、ワシントンなどでも検討中みたいだ。
既にパリ、リヨン、ブリュッセルなどでは導入されていて、それらを参考に今後具体化されていくようです。
30分で500ペソ~1,000ペソで利用回数が多くなると割引されるような料金体系になりそうです。

Bogotaは車が多いので、このシステムが進むと空気も綺麗になりとても良いと思います。
街並みも綺麗なので、自転車通勤は気持ちよさそうです。

Bogotaも中国なみに自転車が爆発的に普及すれば面白いのですが・・・
南のLeticia市やMocoa市は自動車より、スクーターが多いです。

頑張れBogota!!!

Bicicleta

Bicicleta
[Foto: El Tiempo.com 写真はヨーロッパのようです。Bogotaではありません]

Blog Ranking Banar3
またまた、新聞記事から。
2月22日付けのEl Tiempoに面白い記事がありました。

ラテンアメリカでコロンビアの賃貸住宅比率が一番高いというもの。
ラテンアメリカの賃貸住宅の比率が出ていました。
コロンビアは36.5%でラ米一。

一番低いのはペルーで6.6%でした。
ヨーロッパも比較で出ていましたが、ドイツ(57.7%)、フランス(40.7%)、英国(29.4%)は比較的高いですね。
日本はこれ以上じゃないのかと思います。

賃貸比率が上がっているということは、先進国化しているといえるのかな。

コロンビア国内の比率は以下のとおりです。
 持ち家(支払い済み)16.6%
 持ち家(ローン支払い中)6.3%
 賃貸 44.9%
 家族の家 31.9%
 その他 0.3%

賃貸が多いのはBogota、カリ、バランキージャなどの大都市が顕著なようです。
地方部では持ち家ということでしょうか。

Bogotaは建築ラッシュで沢山のマンション建設が続いています。
まだまだ賃貸は増えていくんでしょうね。

Construccion  Construccion
Blog Ranking Banar3

2月23日付けEl Tiempoより。

今日の一面はこの写真でした。

今年はオリンピック・イヤー。
飛び込み競技で3選手が北京行きを手にしたそうです。

シンクロでJuan Guillermo UranとVictor Hugo Ortegaの二人と女子のDiana Pinedaの3名です。
飛び込み競技がコロンビアでどのくらいメジャーなのかわかりません。
日本でもそんなに報道もされないので、同じくらいマイナーなのかと思います。
でも、新聞一面に大きく出るとみんなの興味が湧いてくるのかも知れませんね。

Bogotaにも国際大会が出来るプールがあり、飛込競技も行われるみたいです。

頑張れColombia !!、Viva Colombianos!!!

Salto
[Juan Guillermo Uran(左)とVictor Hugo Ortega(右)]

Diana Pineda
[Diana Pineda]
[Foto: El tiempo.com]
新しいコロンビアビールを見つけたので買ってみました。
相変わらず、販売はBavariaです。
日本で言うと、アサヒビールがキリンとサッポロを買収してしまったようなものですからね。

このREDD'Sはシトラス・フルーツの香りが付いたビールです。
ちょっと甘い女性向けのビールでしょうか。
パナッシュというビールと炭酸飲料のカクテルがありますが、そんな感じです。

296mlで1,550ペソは他のビールに比べると割高ですよね。
 アルコール度:4.5% (296 ml)
 値段:$1,550(2008.01)
 醸造:Bavaria S.A.y Cerveceria Union S.A.

Reed's


 [関連記事]
  Nueva Cerveza - Aguillaがリニューアル
  Otra vez Cerveza - 再びビールネタ
  Nueva Cerveza - 新しいビールが登場
  Club Colombia
  Cerveza Colombiana
Blog Ranking Banar3
スペイン語にはCの次にCh(チェ)があります。

コロンビアにはビタミンCの次の栄養素でビタミンChがあります。

Vitamina Cheは、Chunchullo(モツ)、Chorizo(ソーセージ)、Chicharon(豚の皮の唐揚げ)で補給することが出来ます。

それぞれの頭文字をとってVitamina Cheっていうんですけどね。

うちの嫁はモツが苦手ですが、このモツ焼きは大丈夫なようです。

Carne

Carne

Blog Ranking Banar3
Vallenatoで、あまり女性の歌手がいません。
これまで紹介したAdriana Luciaと双璧をなすPatricia Teheranです。

彼女もこの歌しか聴いたことが無いんですよね。
一発で終わってしまったのでしょうか。



Blog Ranking Banar3
[歌詞は続きから]
[Vallenato - Patricia Teheran - Tarde lo Conocí]の続きを読む
今日のEl Tiempo紙から。

20名の障害を負った警察官が、反政府組織に誘拐されている24名の仲間の解放を訴え、Medellin市からBogota市までの569kmを10日間掛けて走破する。

1日平均56kmになる。

頑張れPolicia Nacional !!!

Silla de Rueda

Silla de Rueda
[Foto: El Tiempo]

Blog Ranking Banar3
2月はFeriaやCarnavalの季節です。

BogotaはCarnavalは無いですが、毎年この時期には闘牛が行われます。
コロンビアで初めて闘牛を観にいってきました。

Solの安い席でも72,000ペソ(約3,600円)なので、決して安い娯楽ではないですね。
安い方は満席でしたが、正面のSonbra(日陰)席はガラガラでした。

闘牛はサッカーの試合とは違いアルコールOKです。
会場でもビールやアグアルディエンテの販売がありました。
多くの人は皮製の水筒を持参していました。
みんな、水筒に入れたワインを回し飲みして、すっかり出来上がっていました。

途中、喧嘩をした人たちがいて、会場は「出て行け」の大コールが起こるハプニングもありました。
雨が降り出したら、みんなポンチョを着だして会場は色とりどりで綺麗でした。

まあ、これも文化なのですが、捕鯨反対を唱える人たちはなぜ闘牛に対して何もいわないんでしょうかね。
闘牛文化が有る国ではあまり捕鯨反対を聞いたことはないです。

Torro

Torro  Torro

Torro  Torro

Blog Ranking Banar3
久しぶりに映画を観にいった。
「Pablo Escobar Angel o Demonio」を見た。
パブロ・エスコバル 天使か悪魔か。

パブロ・エスコバルといえば、日本でもご存知の人が多いかも知れない。
80年から90年代にかけて、様々なテロを行った、麻薬組織メデジン・カルテルのボスだ。

彼の生涯を様々な証言を元に綴ったドキュメンタリーだ。
メデジン市の貧困層では、彼はまだ英雄となっている。
また、優れた先見性と政治力を有していたとの証言も有る。

しかし、爆弾テロや航空機爆破などやったことは許されるものではない。

最後に、彼の親族が「パブロが死んで、麻薬がなくなるのか、テロがなくなるのか、貴方に問いたい」とマスコミに言い寄っていた部分は印象的だ。

麻薬組織はメデジン・カルテルやカリ・カルテルが消滅していこう、小さな組織が群雄割拠の状態でまだなくなっていないし、テロも左翼ゲリラにより続いている。

Pablo Escobar

Blog Ranking Banar3
この間、缶詰のコロンビア料理を紹介しましたが、なんとレトルトまでありました。

これはMondongo。モツ煮込みスープといったところでしょうか。
これが好きなんですよね。

缶詰やレトルトで日本にも輸出したら、面白いと思うんですが・・・・
市場がそんなに大きくはないから無理かな。

Mondongo

Blog Ranking Banar3
またまたニュースネタですみません。
コロンビア関連のニュースを検索したら、時事通信社にこんな記事がありました。

今日のこちらのLa Republica紙にも出ていて、チラッと見たときには米州開発銀行(IDB)が支援すると出ていたと思ったのですが。

コロンビアでは、アフリカ椰子やサトウキビでのバイオ燃料が盛んで、サトウキビ畑を切り開くために天然林伐採が進んでいるとの話も聞きます。

一方で、Yuca(キャッサバ)を使ったバイオ燃料は小規模栽培ができ、貧困層への雇用対策などとしても注目されています。

バイオ燃料も自然との調和や貧困対策などに配慮しながら進んでいくと良いですよね。
でも、食料と燃料の食い合いになってしまっているところがあるので、日本には水力や太陽光、風力などの再生可能エネルギーや水素電池などで、省エネや環境問題を引っ張っていってほしいです。

【時事ドットコムから】
2008/02/14-07:59 コーヒーかすからバイオエタノール=コロンビアで実用化へ
 【サンパウロ13日時事】世界有数のコーヒー豆生産国コロンビアで、通常は捨てるコーヒーの搾りかすから燃料用のバイオエタノールを精製する計画が進んでいる。13日付地元経済紙ポルタフォリオなどが伝えた。
 バイオエタノールはサトウキビやトウモロコシなどからつくるのが一般的。同国国立コーヒー研究所によると、コーヒーを原料とするのは世界で初めて。既に実用化実験は完了しており、全国コーヒー生産者連盟が今年20億ペソ(約1億1400万円)を投じて2つの精製所を整備し、試験操業を開始する予定だという。
【引用終わり】

珈琲の木
[珈琲の木]

Blog Ranking Banar3
コロンビアのニュースを検索していたら、MSN産経ニュースでシャキーラのこんな記事を発見しました。

【MSN産経ニュース】
2008.2.13 09:50
コロンビアの歌姫、シャキーラが、2007年のコンサートツアーで着用したマルチカラーの石でできたブラジャーなど40アイテムをネットオークションに出品している。

 ブラは3000ドル(約32万2000円)からスタート。コンサートの最前列の座席に1万4000ドル(約150万円)の値がつくなど、世界中のファンがオークションに参加しており、12日現在、合計7万6000ドル(約810万円)。オークション締め切りは17日までで、売り上げは、コロンビア北部で貧困で苦しむ子供たちのために学校を建設する基金に寄付するという。
【引用終わり】

シャキーラは財団を持っていて、子供達の支援をしています。
良いですね。

こんなブラでしょうか。
う~ん、シャキーラ、可愛いですね。

Shakira  Shakira

Shakira

Blog Ranking Banar3
2月11日付けのEl Tiempo紙南北にアメリカ大陸の大統領の給与についての記事が掲載されていた。

1位はもちろん米国のブッシュ大統領で月給33.000米ドル(約353万円)ほど。
2位はGuatemalaのAlvaro Colom大統領で18.657米ドル(約199万円)
3位はChileのMichelle Bachelet大統領13.754米ドル(約147万円)
4位はMexcoのFelipe Carderón大統領13.000米ドル(約152万円)
5位はColombiaのAlvaro Uribe大統領9.334米ドル(約99万円,1.900万ペソ)
(USD1=¥107で換算)

コロンビアは5位でした。

日本の総理大臣を調べてみたら、法定給与は2,071,000円でした。約19.355米ドルなのでこのランクではブッシュ大統領の次ですね。
何とか、先進国の面目を果たした感じでしょうか。

各国大統領の給与、高いのでしょうか。
少なくとも、コロンビア大統領は一番命の危険が脅かされているように思います。
キューバのカストロ大統領は月額30米ドルだそうです。

大統領  大統領
[Foto : El Tiempo]

Blog Ranking Banar3
2月10日付けのEl Tiempo紙から。

2月14日のバレンタイン・デイを前にお花の輸出準備が最盛期を迎えている。
日本、米国、ヨーロッパに向けてお花は輸出されてゆくらしい。

日本への輸出が多いのは2月のバレンタイン・デイと5月の母の日が多いようです。
もちろん、母の日はカーネーションです。

Flores
[Foto:El Tiempo]

Blog Ranking Banar3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。