南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週末に豚骨スープを作ったので、豚骨ラーメンを作った。

Webで見つけた記事に、スパゲティを茹でる際に重曹を入れるとラーメンになると記載されていたので、麺はもちろんスパゲティ。
これが意外と、豚骨ラーメンぽかった。

スープが美味しかったのと、麺もラーメンだと言われればそう思って食べれるものだった。
次回はスープの味付けに工夫が必要が。
今回は薄味で、豚骨だしの味だけだった。

日本の皆さんも、是非スパゲティラーメン、試してみてください。

参照Web:「いつもたべることばかり

豚骨ラーメン  豚骨ラーメン  豚骨ラーメン

スポンサーサイト
Bogotaには、Carrera 15(15番通り)沿いに秋葉(秋葉原)がある。
Unilagoというショッピングセンターがそれだ。

ショッピングセンターの中が全てパソコンや電化製品を売っているお店が入っている。
また、周りにも電気部品やパソコン部品を売っているお店が集まっている。
ちょくちょく中を見に行くが、この週末も行ってみた。
今回は、FMトランスミッターを購入した。金額は35.000ペソ。
これで、車内でMP3プレーヤーの音楽をカーステレオで聴くことができる。

この裏側にお肉屋さんがあり、ここはお肉を機械で薄く切ってくれる。
日本の職人技のように薄い肉にはならないし、また薄い肉を食べる必要も無いのだが、すき焼き用に薄くきってもらった牛肉を購入した。
あと、豚骨スープを作ろうと思い、豚の骨を買ったが、1kgで1,000ペソ(50円)だった。

Unilago

Patacon(パタコン)。
それは、バナナの揚げたもの。
ポテッチみたいに、袋詰めでも売っているし、バーのおつまみにも出てくる。
これも、地域によりいろいろなバリエーションがある。

散歩をしていたら、Banana Jackというレストランを見つけた。
ここは、Pataconがお皿のように大きくて、その上にお肉やいろいろなトッピングをしたものを出してくれる。
店内はお洒落で、テーブルもガラスの中に本物のPataconが入っていてしゃれていた。

味は普通かな。普通サイズは大きいので子供向けの半分サイズで丁度良いかもしれない。

Patacon  Patacon

コロンビアの地酒にAguardiente(アグアルディエンテ)がある。
サトウキビの蒸留酒だが、まさしく焼酎。
毎晩の晩酌はビールとこのAguardienteだ。
Agua (水)+Arder(燃える、焼ける、燃え立つ)=焼ける水で焼酎です。

アニスの独特の香りがあり、好き嫌いが分かれるが、日本にいたときから焼酎派の私にはたまらない。
HPの方に写真付きの記事を書いてみたので、良かったらこちらからどうぞ。
ここでは、2000年モデルのプジョー206を乗っている。
前任から中古で売ってもらった車だ。

ここは、標高が2,600mと高いため、自動車やバスなどは不完全燃焼で排気ガスがひどい。
また坂道も意外と多く、車にもかなりの負担が掛かっているようだ。
ここには車検制度が無いため、定期的に自分で確認をしないといけない。
最近は、駐車場から出る坂がとてもきつかったので、検査に出してみた。

エンジンオイル、プラグ、ベルトなどを交換し、思い切ってカーステレオも新しいものに変えてしまった。
1日では全ての交換作業がおわらず、月曜日にも工場に持っていく必要があるが、エンジンはとても快調になった。
アパートの駐車場もすんなり登るし、出足が見違えるようになった。
これで、しばらくは機嫌よく動いてくれるだろう。
いま、海外駐在生活をしている。

円建てのお給料をドルでもらい、コロンビアではペソに換金して生活をしている。
こちらに来てから円は円安に進んでいて、ペソはペソ高に進んでいてダブルパンチを食らった状態が続いている。

会社の事業費も円建てでもらってペソベースで使っているが、ペソで大きく減っている。
ちょっと計算してみたが、コロンビアに来てからの半年間で100万円を右から左へ動かすだけで、$4,833,324(約20万円)も変動することになる。
もちろん、今の生活ではマイナス方向へ変動している、
為替の怖さを感じる今日この頃だ。

2006年7月1日 1USD=@\114.75  1USD=@$2,731.72   23,805,838.77
2007年1月26日 1USD=@\120.79  1USD=@$2,291.69   18,972,514.28
上の階からの水漏れがやっと直った。

穴を開けた天井も埋まり、ペンキも塗り終わり、撤去した家具も元通りになった。
来客用トイレもペンキを塗りなおしてくれたが、なんか湿気が多いようでまだちょっと不安だが・・・
21日の日曜日に対Urguayの試合があった。

ちょっとだらけた試合で終わった前半。
後半は、キッチンでちょっと油揚を作っていたら終わってしまっていた。
結果は、0-2で負けてしまった。

今日、23日は対Paraguay戦が行われた。
共に勝ち点0で最下位。
しかもColombiaは得失点が-7点と最悪の状況。

結果はなんと、2-3で負け。
これでColombiaは終わってしまった。

残りはArgentina, Brasil戦が残っているがもう、Colombiaにしたら単なる消化試合。
予選リーグではArgentinaに勝っているだけに、まあ楽しみな試合ではあるが、もう世界大会への出場機会は絶たれてしまった。

残念!!

しかし、Sub-17は世界大会に出場が決まっており、2月3日から10日までの8日間の日程でメキシコで行われる。

なんとColombiaは予選Aブロックで日本、メキシコ、ベネズエラなどの5チームと対戦する。
だが、テレビ放映はされていないみたいでさらに残念だ。
11月の末に、上の階の配管がおかしく水漏れが見つかり、業者に直しを依頼していた。

年末年始を挟んだとはいえ、まだ直っていなかった。
やっと、上の階の配管を修理し、我が家の穴の開いた天井も何とかセメントを入れてもらうことができた。

塗装まで含めるとまだまだ時間は掛かりそうだ。
日本から持ってきていたコンタクトレンズが終わりそうになっている。

コロンビアは眼のレーザー手術が盛んで、長い歴史と経験を持っている。
当地の日本人の多くが、手術を受けている。
日本に比べると料金も半額以下のようだ。
大体、10万円程度で両目の手術をすることができる。

0.1以下の視力が1.0~0.8位には回復するらしい。
再び視力が落ちると、また手術を受けている人達もいる。

コンタクトが終わるので、やってみようかと考えているがちょっとまだ怖くて病院にはいっていない。

今日は、結局、2 Weekコンタクトを買ってしまった。
コンタクトも広く普及していて、ハードもソフトも眼鏡や等で検査をして買うことができる。

2 Week Acuvueで1箱74,000ペソ(約3,700円)。日本だと3,000円弱なのでちょっと高めかも知れない。
我が家の蚤との格闘 続編

殺虫剤をまいたり、片っ端から洗濯をしてみたがまだいろいろな所に潜んでいるようだ。
丁度、日本に一時帰国していた友人がいたので、バルサンを買ってきてもらった。

早速、寝室と客間に椅子やソファのクッションなども運び込んでバルサンを焚いてみた。
これで全滅してくれるといいのだが・・・

残念ながらソファ自体はドアに引っかかりいれることができなかった。
クッションをはずしたソファをガムテープでぺたぺたやってみるとどうもダニのようなものがついている。

ソファにも殺虫剤をまいた。
これでソファも綺麗になったかな・・・

バルサン  バルサン

我が家でブームとなっているマンゴスティン。

スーパーにより当たりはずれがある。
この間は、中身がスカスカになっているものが多かった。

路上販売の方が形が大きく味も良いと聞いたので、早速路上販売で買ってみた。

6個入りを2個買ったら易くしてくれた。
これで12,000ペソ(600円)。

日本と比べたら易いだろうが、こっちの果物としてはとても高い。
今日はマンゴーが1kgで1,000ペソ(50円)だった。

ちなみに
パイナップル  1kg=1,500ペソ (70円)
洋ナシ(輸入) 1kg=425ペソ (20円)
みかん     1kg=985ペソ (50円)
Maracuya    1kg=985ペソ (50円)
マンゴ      1kg=1,125ペソ (55円)
梨        1kg=495ペソ (25円)
リンゴ(輸入)  1kg=410ペソ (20円)
マンゴスティン 1個=1,000ペソ (50円)

Mangostino
我が家では、毎朝ジュースを飲む。

終末は時間が有るのでMaracuyaジュースを作るが、平日はもっぱらJugo de Naranja(オレンジジュース)だ。
砂糖が入っていない100%ジュースにさらに生のオレンジを絞って入れる。

写真のオレンジ、約3kgぐらい入っているだろうか、これで4,550ペソ(約230円)です。

Naranja

今日から始まった、南米Sub 20の決勝リーグ。

Colombiaは15:30からChileと試合をした。
仕事中で見ることができなかったが、後で結果を知ってびっくり。

なんと0-5で負けてしまった。

負けるにも、負け方が有ったのではないか・・・
こんなに失点があると後々、大変なことになってしまう・・・
日曜日は勝って欲しい。
南米Sub 20サッカーの続報。

コロンビアは結局Grupo Bを1位通過した。
Grupo BからはColombia, Urguay, Argentinaが決勝リーグに進出。

これからは、Colombia, Urguay, Argentinaの3カ国にBrasil, Paraguay, Chileを加えた6カ国で試合が行われる。
まずは、19日にChileとのしあいだ。

21日にはUrgay戦、23日にParaguay戦、25日にArgentina戦、そして28日にBrasilと戦う。

予選リーグでUrgay戦を見たが動きがあまりよくなかった。
是非、上位に食い込んで欲しい。
2週間前に、蚤の市でカーペットを購入した。

そのカーペットには蚤かダニがついていたようで、寝転がったときから激闘が始まった。

すぐに洗ったが、靴やスーツ、いろいろな所に拡散してしまった。
今、両足はとても大変なことになっている。

こちらでは、Tシャツからパンツまでアイロンをかけるが、それは蚤を退治するため。
2回目のコロンビアなのだが、すっかりここの蚤の脅威を忘れていた。

片っ端から洗濯と、殺虫剤散布をしまくっている。
祝!! 1,000アクセス達成です。


2006年7月1日にコロンビアに着任し始めたこのブログ。
半年で1,000アクセスです。

皆様、ご愛読ありがとうございます。

これからもコロンビアの楽しい記事を掲載していきます。
ずっと探していた温度計。

油揚を作るのに油の温度が測れるものを探していた。
ついに、ショッピングセンターGran Estacionで発見したので早速買った。
温度を測りながら油揚を作ったが、久しぶりで揚げる温度を間違えてしまった。
次回はしっかり温度管理をして作り直そう。

このショッピングセンターはBogotaで一番新しく、空港に近いところにある。
ここは、警備員等で身体障害者を沢山雇用しており、テレビや新聞などでも報道されていた。
この国は、世界で第一の対人地雷被害者を抱える国で民間人も多くが犠牲になっている。
最近、これらの人達の社会復帰の良い事例が沢山報道されている。
スキューバダイビングに取り組む人、車椅子テニスでパラリンピックを目指す人など、元気に活躍している人が沢山いる。

車椅子テニスは、コロンビアで世界大会を開くよう頑張っている人がいる。
コロンビアは2014年にはサッカーワールドカップ開催国にも立候補している。
実現すれば、障害者の大会を一緒に開催してはどうだろうか。
コロンビア・コーヒーといえば日本でも有名だ。
JALや東海道新幹線のコーヒーもコロンビア・コーヒーを使っている(いた?)

ロバを引いたValdezおじさんの姿がトレードマークになっている。

いま、当国では日本のスタバなみにJuan Valdezコーヒーがチェーン展開をしている。

市内の繁華街やショッピングセンター、空港など主要なところには必ずValdezコーヒーが出ている。
積極的に海外展開もしていて、日本にも出店したようだ。

今日、我が家から一番近い、2ブロック程離れたValdezコーヒー店にSicario(暗殺者)が現れ、中にいた人が襲われた。
幸い、怪我で住んだようだが、このようにいつどこで何が起こってもおかしくないのもコロンビアの現実。

昨年は久しぶりにBogota市内で爆弾テロもあった。
コロンビアの周りに左翼政権が誕生しているので、当国の左翼ゲリラも勢いづきそうだ。

日本ではまた、コロンビア人窃盗団がつかまったようだ。

コロンビアはいい人と悪い人のギャップが大きすぎるな・・・・

Juan Valdez2  Juan Valdez2
サッカーが盛んな南米にいて、サッカー記事を書くのは初めてかもしれない。

コロンビアサッカーでは、ライオン丸ことバルデラマ選手が日本では印象に残っているだろう。
こちらでは、ポテトチップスのCMでまだ健在だ。

コロンビアはこれまでワールドカップに4回出場している。
62年 チリ大会
90年 イタリア大会
94年 USA大会
98年 フランス大会だ。

90年代には3大会連続出場したが、それ以降はあまりぱっとしない。
02年の日韓大会では、日本に来てくれることを楽しみにしていたが、残念ながら予選敗退だった。

いま、当地ではSub-20の南米大会真っ最中。

Grupo A:Brasil, Paraguay, Chile, Bolivia, Peru
Grupo B:Colombia, Urguay, Argentina, Ecuador, Venezuela

Grupo Aは既にBrasil, Paraguay, Chileの3カ国が次に駒を進めた。

Grupo Bはまだ1試合ずつ残している。
なんと、コロンビアはアルゼンチンに勝ってしまった。
しかし、ウルグアイがベネズエラに負けるなどGrpo Bは混戦状態。
今のところコロンビアは良い位置につけている。
エクアドルは02年に初めてW杯に出場し、06年のドイツ大会にも出場した。
監督はコロンビア人でこのところ調子が良いチームだ。

コロンビアもこの大会で勢いをつけて、20代の若手の活躍で次回W杯には再び登場して欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。