南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスが壁に埋まってます。

誰かの悪戯かと思いきや、お店のデザインでした。
茶目っ気があっていいですよね。
Carrera 11 No.80あたりです。

バス

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
スポンサーサイト
前に、ボゴタ市の旧市街で見かけたイタリアVespaのオート三輪の記事を書きました。

またまた、イタリア製のPiaggioのオート三輪を見つけました。
今回のはUnicentroというショッピングセンター所有の商用です。車体の横に会社名が書かれていました。

ボゴタは通りが細いところもあるから便利なのか、広大な駐車場内をこれで移動するためなのか、目的はわかりませんが、オート三輪、カッコ良いです。

[関連記事]  Motocarro - オート三輪車

オート三輪  オート三輪
[Piaggioのオート三輪]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
El Tiempo紙から。
前にもこの記事を書いたと思ってましたが、書いてなかったようです。
4月4日からマグダレナ河を一艘の船が下っています。

Florentino Ariza号でマグダレナ河流域の村々に立ち寄ってインターネットに触れたことの無い人たちにインターネットに触れる機会を提供しています。
この航海で5千人がこの船を利用して、パソコンやインターネットを勉強します。

 [関連記事] El Tiempo - Multimedia

Barco Internet  Barco Internet

Barco Internet
[Foto: El Tiempo.com]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
ショッピング・センターを歩いていたら、BASANというお店を見つけた。
どういう意味かは分りませんが、婆さんみたいだったので、パシっと撮っておきました。

以前にJISANというお店を見つけて紹介しています。
これで、爺さん婆さんがそろったな。
一帯どういう意味なんでしょうね!?

   [関連記事] Jisan - 爺さん?

BASAN

Blog Ranking Banar3
ドライブしていたら看板が目に入った。

JISAN、爺さんだ。
すかさずシャッターを押しました。

何屋さんかわからなかったが、後で拡大してみたら、クリーニング屋さんでした。

スペイン語読みすると、ヒサンになります。

爺さん  爺さん2

10月5日のEl Tiempo紙に大きく日本語が出ていた。
先週の東海クラッシクで優勝したCamilo Villegasの特番を知らせるCity TVの広告だった。

さりげなく読み流してしまったが、よく見たら何かおかしいことに気が付いた。
「おめでとう」が「おめでとら」になってました。

おめでとら  おめでとら
[Clickで大きくなります。]

 [関連記事]
  Golfista Colombiano - Camilo Villegas2
Blog Ranking Banar3
コロンビアは沢山の種類の昆虫がいます。
世界一大きなカブトムシ、ヘラクレス・オオカブトもコロンビアです。

そんな中、超巨大螳螂を発見しました。
足元の子供が見えるかな!?

こ、これはでかすぎる~顔 びっくり

カマキリのことをSantateresaと言うとは知りませんでした。
名前は女性の名前っぽくて可愛いのにね・・・

カマキリ
[クリックで倍の大きさに!!]

Blog Ranking Banar3
BogotaのCentroを歩いていたら、可愛いオート三輪を見つけた。

イタリアのVespa社製のオート三輪でした。
Vespaはスクーターに熱烈な愛好者がいますが、オート三輪は初めて見ました。
何年製か訊ねたら95年製との答え。
そんなもんなのか、買った年と間違えたのかな・・・

オート三輪という単語、初めて辞書で引きました。
直訳すると「バイク自動車」ですね。

VespaのMotocarroを調べてみたけど、Vespaのホームページには掲載されていなかった。
日本でも1950年代に販売されていたものなので、このMotocarromoそれぐらいの年代のすごいものなのかも知れない。

オート三輪

 Wikipedia - オート三輪
Blog Ranking Banar3
ちょっと前の記事で、面白い名前のレストランなどを紹介しました。

何気なく、我が家で使っているミキサーを見てみたらSAMUARIというブランドでした。
ひっくり返してみたところ、ブラジル産であることがわかりました。
ミキサーの調子が悪いので家電屋さんを見てきたらミキサーはSAMURAIブランドが多くありました。

SAMURAI  SAMURAI
SAMURAI

Blog Ranking Banar3
コロンビアの車のナンバーはローマ字3個、数字3個で記載されています。
一般車両は黄色のナンバー、商用車両は白のナンバー、その他に、外交官や国際機関用の青いナンバーがあります。

ローマ字3文字の組み合わせで、時々面白いものがあります。
OIL、UFO、なども見かけました。

また、面白いナンバーを見つけたら撮っておきます。
これ、USAですが反米の人には石を投げられそうですね。

Placa

Blog Ranking Banar3
8月28日に面白い事件が起こった。

コロンビアでは緊急時の電話番号が123になった。
警察、消防、防災局などが共通の緊急番号を設置した。

そのためのいたずらかわからないが、12時過ぎに地震のモニタリングを行っている鉱山地質研究所(INGEOMINAS)の職員を名乗る人が、緊急電話やラジオ局などいろいろなところへ「17時ごろに大きな地震が発生する」との情報を流した。

これを受けて、病院や学校などは一斉に避難を始めた。

5時間後の地震を予知できる技術が本当にあるのか、誰も疑わなかったようだ。
陸軍病院まで、この情報を信じて避難をしてしまったようだ。

日本では起こりそうもない珍しい事件でした。

ちなみに、123へのいたずら電話はつかまると罰金刑です。
Blog Ranking Banar3
最近、良くひらがなや漢字が目に留まる。

意味は無いが感じで書かれていることで注目が集まるようだ。

近所を散歩していたら、ひらがなと漢字で書かれた看板があった。
照明機器のお店だが、看板の意味はわからなかった。

もう一つは、日本食レストラン。最近出来たのだが、看板、メニューもちょっと間違った?日本語が使われている。

お店の名前は"Yakiniko"、これって焼肉?にしたかったのかな。
入口にメニューがあったので見てみたら、推測は出来るけどちょっと違うようなメニューが多かった。

看板  Yakiniko
[看板:拡大すると感じが見えます]   [レストランYakiniko]

Blog Ranking Banar3
最近良く目に付くのが、バスに綺麗なペイントが書かれていることだ。

実家の方は大型トラックが多く走っており、良く子供の頃に綺麗な竜や花鳥風月が書かれたトラックを見かけた。

日本のデコトラとは規模が違うが、同じような絵画が描かれたバスを多く見かける。

このバスには、女性の髪が滝に繋がっている美しい絵が描かれていました。

デコバス

Blog Ranking Banar3
Bogota市内には"Foto Japón"という名前の写真屋カメラさんが沢山ある。
日本で言うとヨドバシカメラのようなものだろうか、写真の現像から家電製品までいろいろと揃う。

ここのお店は、いたく日本びいきで面白い。
まず、お店の入口には招き猫が立っている。

お店の人達は、柔道着のようなユニフォームを着て仕事をしている。
ポスターなどには和服姿の日本女性が写っていたり、いたる所で日本が登場している。

ふと、Foto Japónの横を通りかかったところ、外の壁には浮世絵のような絵が描かれていた。
ここまで、日本ファンだとは、嬉しい限りです。

Kabuki  招き猫
[写真クリックで拡大します。]

Blog Ranking Banar3
さて、今日からアマゾン・シリーズです。
アマゾンで見た動物達栗鼠をUpしていきます。

2月20日の記事アマゾン川に河童河童がいたことを書いた。
どうやらそれは、子供河童らしかった。
今回のLeticia旅行でお父さん河童を見つけました。

立派なこと・・・

河童

Blog Ranking Banar3
高速道路上zoomzoom001で、綿菓子を売っているおばさんがいた。
ちょうど、道路は込んでいて車はゆっくりだったから良いものの、ちょっと危なくないかな。爆弾

まあ、日本の高速道路も渋滞が酷いので、お菓子やジュースオレンジジュース、コーヒー等を路上で販売してくれると購入者は沢山いるかも知れないな。

綿飴屋さん

Blog Ranking Banar3
お土産屋さんなどで陶器製の豚の貯金箱を良く見かける。
これはGuatavitaのみやげ物屋さんで見かけた3匹の子豚です。

豚の貯金箱
【写真:三匹の子豚の貯金箱】

今日は、サッカーに行くため高速道路を走っていった。

そしたら、高速を組み立て前のトラックの車体が3台連なって走っていった。
座席は、木箱で組み立てたもの。ナンバーもウィンカーも付いていない。

日本ではまず見られない光景ではないだろうか。

サッカーの方は、なんと肉離れをしてしまった。
十分にストレッチをしたはずなのに・・・・・
年齢には勝てないのか・・・・  

変な車  変な車


Bogotaのショッピング・センター(Centro Comercial)には、たいていゲームセンターが付いている。

TaitoやKonami、Namcoなど大体が日本製のゲーム機が置かれている。
しかも、メニューも注意書きも全て日本語表示。

だけど、こっちの人はしっかりわかっているようで、ゲームを楽しんでいます。

ゲーム

コロンビアの田舎街や、観光地に行くと派手なバスが走っている。
Chivaというバスです。

もともとは生活の交通機関だが、観光地では観光バスになっていて夜はさながら走るディスコとなる。
ボゴタの街中も、週末になるとこのChivaが走っています。
田舎町ではまだ生活の足になっていて、バスの天井には様々な品物を積んで走っている。

コロンビアのお土産物屋さんに行くとこのChivaをかたどったものが売られている。
最近は、飛行機の形をしたものや船などいろいろなバージョンを見ることが出来る。

我が家にあったものを盆栽においてみたら、とてもしっくりしたので写真を撮ってみました。

Chiva  マン盆栽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。