南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロンビアのアルモハバナが無性に食べたくなった。
ということで、ネットでレシピを見つけて作ってみた。

オーブンには小さめに3個分の生地を入れたのに、ハート型の特大になってしまった。
残りの生地はめんどくさかったので、大きなものをそのまま作った。
多少は良くなったけど、味がなんか違う!!

コロンビアのは、もう少し酸味があって美味しいんだけどな。

Ingredientes-材料
1 taza de harina de maíz blanco (125g) トウモロコシ粉
2 tazas de quesito o cuajada molida (250g) チーズ
1 cucharada de mantequilla derretida (15g) バター
1 cucharadita de polvo de hornear (5g) ベーキングパウダー
3 huevos 玉子

ベーキングパウダーは無かったので炭酸を入れました。
レシピを検索したところ、米粉というのもあった。
米粉でおいしく出来れば新たな日本米の活躍の場になるかも。


Almojabana
[1回目3個がくっついてハート型に]

Almojabana
[2回目、1回目をオーブンで焼きながらフライパンで]

Valdez Cafe Moca
[Juan Valdezのアルモハバナ(左上)]

スポンサーサイト
コロンビア在住のEsperanzaさんより、コロンビア土産をいただく。

いつも、おやつやおつまみにしていたPataconとYuca !!!
さらに、Juan Valdez のHuilaコーヒーをいただきました。

Pataconはバナナチップ。
でも、日本で売られているものよりももっと薄くて、まさしくポテトチップスのバナナ版というものです。
緑バナナと完熟バナナの2種類があります。
緑バナナの方がすきです。

Yucaはキャッサバ。いわゆるお芋の仲間。
これを薄くスライスして揚げたものです。
ファストフードなどでは、フレンチフライのように切ってあげたものも売られています。
これも美味しい!!

Juan Valdezはコロンビア・コーヒー生産者連盟が展開するコロンビアブランドで、コロンビア国内外にドトールコーヒーや某シアトル系のチェーンのように展開している。
Tシャツや小物などのグッツも販売されていてとてもおしゃれです。

Huilaは好きな産地の一つです。

Esperanzaさん、ありがとうございました!!

コロンビアへ早く戻りたいです。
秘密のプロジェクトを水面下で進行したいとおもいます。


Patacon
[Patacon y Yuca Fritas]

Juan Valdez
[Juan Valdez Coffee]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コロンビア在住の方から、出張者経由でお土産をいただいた。

Don Pedroの珈琲とOMAのチョコレート。
Don Pedroは私が在住していたときに良く飲んでいた銘柄で、しかも私が好きなHuila地方のものでした。
Don Pedroは住んでいたアパートからも近かったため、なんどか本ブログの記事にも登場しています。
自家焙煎にこだわりのあるお店で、週末は朝からお客さんが結構入っていました。

早速、挽いて飲んでみました。
ペーパーフィルターの中で、珈琲がこんもりと膨れ上がりプクプクと気泡が出てくる。
これは、焙煎してから時間がたっていない証拠。
味は、すっきりした感じでとても美味しいです。

OMAのチョコレートは、珈琲豆をチョコでコーティングしたもの。
これは、私はコロンビア土産の定番にしていました。
最初に駐在したときは、このOMAの珈琲をお土産にする人が多かったですが、いまではJuan Valdezの方が有名になってしまった感じですかね。

嗚呼、哥倫比亞、戻りたいです。

Cafe Colombiano
[Cafe Don Pedro y OMA]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コロンビアから一時帰国された方から、Don PedroのコーヒーとOMAのチョコレートをJuan Valdezの紙袋でいただきました。

どれも懐かしく、思い出の一品です。

何度か記事にしていますが、Don Pedroは我が家から近いところにあり、店舗でローストしたてのコーヒーを販売しているものです。
週末には床屋に行った帰りや、ちょっと外出をしたときに立ち寄ったり、朝食を食べたりしたお店です。
コロンビアコーヒー生産者連盟のコーヒーよりも美味しいと隠れたファンが多い一品です。

OMAは日本で言うと珈琲館のような存在でしょうか。
喫茶からアイスクリームやスイーツが楽しめるお店です。
そこで販売されているコーヒー豆をチョコレートでコーティングしたものは隠れたコロンビア土産の一品です。
ローストのほろ苦さとチョコレートの甘さの調和が見事です。
我が家から近いところにもOMAがあり、良く通いました。

こういったお土産をいただくと、ますますコロンビアが恋しくなります。

ありがとうございました!!!

colombia
[Recuerdo de Colombia]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
またまた、コロンビアの友人がお土産を託送してくれました。
重たい思いでもってきてくれた方、ありがとう。

今回は、コロンビアの焼酎、アグアルディエンテです。
250mlのパックが4種類も入っていました。

左から、アンティオキア県のAntioqueño、クンディナマルカ県のNectarです。
Nectarはオリジナルの赤、無糖の緑、そして青です。
もともとサトウキビから作られているのですが、Sin Asucar(無糖)ってどういう意味かわかりません。
また、青はライトとかカロリーオフとか何だと思うんですが、パックにはAzul(青)としか書かれていません。

2度目にコロンビアに赴任したときに、アグアルディエンテの種類が増えていることにびっくりしました。

お気に入りはアンティオケーニョですが、カリのBlancoやジャノのLlaneroなんかも美味しかったです。
その地方へ行かないと買えない銘柄もあり、旅行が楽しみでした。


Aguardiente
[Aguardiente Colombiano]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コロンビアからの来訪者から、パネラをいただいた。
このパネラ、日本語ではなんと呼ぶのでしょうか。辞書だと赤砂糖となっています。
この写真のようにブロック状のものや、粉末状のものもあります。
黒砂糖と精製糖の中間といった感じでしょうか。

サトウキビから作られるものです。
お料理に使ったり、コーヒーに入れるとCafe Campesinoになります。
一番のお気に入りは、ちょっと風邪気味のときにPaneraを溶かしたお湯に、レモン汁を絞っていれます。これで、ビタミンCも補給でき、風邪はすっ飛んでしまいます。

日本でも昔は、お砂糖は医薬品として取り扱われていたんですよね。
国が違っても歴史は似ていますね。

Panera
[Panera]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
この週末は、沢登りに行く予定だったが天候が思わしくなく中止にした。
大雨で、九州地方ではかなりの被害が出ているようだ。
気候変動なのか、人災なのか、地球が悲鳴をあげているのだと思う。

こう、暑くて湿気が多いとやりきれない。
ボゴタは一年中、カラットした日本の春か秋の陽気でとても過ごしやすかった。

本を読みながら、ビール(第三のです)を飲んでいると、コロンビアでのおつまみが懐かしい。
事務所近くの酒屋さんに、ビールとおつまみを買いに行って仕事をしながら飲んでいたのを思いだす。

CabanoやEmpanadaがお気に入りだった。

日本では、ビールすら飲むのが珍しくなってしまった。
第三のビールが一缶120円程度、コロンビアでは普通のビールが50円ぐらいだった。しかも、発泡酒や第三のビールなんて無かった。

中所得以下でも、ビールをひたすら飲んでいたのでそんなに高いという感覚では無いと思う。

う~ん、どちらの生活が質が高いのだろうか。

Cabano
[Cabano]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コロンビアから帰られた方にJuan Valdezの珈琲をいただいた。
このJuan Valedez Cafe de Reconciliaciónは大統領府和解高等審議会の、投稿兵士や元ゲリラ等の社会復帰プログラムにより作られた珈琲だ。

これはEdición Santuario(サントゥアリオ・エディション)で、リサラルダ県サントゥアリオ市で生産されたものだ。
毎年、クリスマスの時期になるとこの Café de Reconciliaciónが販売される。
市民はこの珈琲を購入することで、間接的に投稿兵士たちの社会復帰を支援することができる。

まだ飲んでいないが、ほろ苦い人生の味がしそうな珈琲です。

Juan Valdez
[Juan Valedez Cafe de Reconciliación Edición Santuario]


にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
Frijolada(フリホラダ)はFrijolというお豆の煮込み。
豚足やモツを入れるお店もあり、食べ応えがあります。

とうもろこしのパンArepaやAguacate(アボガド)と一緒に食べます。
このお店のは豚足やモツが入っていました。

コロンビアは本当にいろんな種類のスープがあり、どれもとてもおいしいです。
個人的にはジャガイモとモツを煮込んだMondongoが好きです。

このお豆もとても恋しい・・・・

コロンビアに行かれる方、是非、いろんな味のスープを試してみてください。

Frijolada
[Frijolada]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
すっかりタイミングを逃してしまいましたが、10月1日からドトールコーヒーで数量限定でコロンビアコーヒーCentaurosが販売されていました。

まだ、置いているお店もあるかな!?
11月1日からはブラジルNouveauが並んでいます。

いつもは、スーパーで最安値の豆を挽いて飲んでいるので、200gで1,090円はちょっと贅沢かと思いましたが、すかさず買いました。
が、まだもったいなくて飲んでいません。

Centaurosって聞いたこと無かったけど、コロンビアコーヒー生産者連盟(FNC)公認のスペシャルティコーヒーだそうです。

『すっきりした味わいとグリーンアップルを思わせるやさしく繊細な酸味が特徴』らしいんで、楽しみです。
コーヒーカップのスポンジがおまけでついてきました。

[Colombia Centauros]
 200g 1,090円
Centauros
[Colombia Centauros]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コロンビア料理で、朝食に食べるものが幾つかあります。

だいぶ前に紹介したTamalやCaldo de Resなんかも朝食メニューですね。
あとは、ホット・チョコレートにチーズを入れて飲んだりもします。

今日は、Changuaをご紹介します。ChanguaはBogota料理のようです。
Changuaは牛乳をベースにしたスープです。半熟の卵、パンなども入っていてなかなか美味しいですよ。

【材料 - INGREDIENTES】
 お水2カップ 2 tazas de agua
 牛乳2カップ 2 tazas de leche
 卵4個    4 huevos
 コリアンダー4葉 4 hojas de cilantro fresco
 長ネギ2   2 cebollas largas
 お塩少々   sal al gusto
 胡椒1/8   1/8 c pimienta (opcional)

【作り方 - PREPARACIÓN】
コリアンダーと長ネギをみじん切りにする。
鍋に水と牛乳を入れ、塩と長ネギを入れる。沸騰したところで生卵を加え1分間、煮立てます。
器に刻んだねぎとコリアンダーを入れ、半熟状態の卵を器に移し、残りのスープを加えます。
お好みで、パンやチーズを浮かべて食べても美味しいです。
個人的には、ニンニク人掛けと玉ねぎのみじん切りを炒めて入れても良いと思います。

Changua
[レストランのChangua]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
Bogotaは800万人が住む大都会。

アンデス山脈の中の盆地に位置するので、周りの山から見る夜景はとっても綺麗です。
夜景を見ながらの乗馬などもできます。
東部山系には夜景を楽しめるレストランが幾つかありますが、その中の一つをご紹介します。

Calle 85をCalera市へ向かう道路沿いにCasa Bravaというレストランがあります。
夜は、沢山のカップルでにぎわうお店です。

お料理は、Parilla(炭火焼)でお肉や海老などが食べられます。Chanpinion Ajillo(ニンニクマッシュルーム)も美味しいです。

なにより、アグアルディエンテのカネラソがとてもおいしかった。

Restaurante Casa Brava
Dirección: Vía a La Calera, Km. 45, BOGOTá
Teléfono: +57 1 523 2636

Casa Brava  Casa Brava
[Restaurante Casa Brava]

夜景  夜景
[Bogotaの夜景]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
酒屋さんやスーパーの肉売場でぶら下がっているサラミソーセージがあります。

BogotaではCabanoと呼ばれています。
西語辞書でしらべると、ChorizoやSalchicha、Salaminとかが出てきますがCabanoは載っていません。
食べた感じは日本で売られているおつまみサラミと同じ。
これは、サラミですね。

柔らかめのものから、しっかり乾燥したものまでいろいろです。
乾燥した硬いものの方が好きです。
最近は、このCabanoにはまってしまい、ビールやAguardienteのお供になっています。
1本買うと2,000ペソ(100円)程で、やすくて美味しいおつまみです。

マジで、これはおいしいです。

 Cabano 1kg=22,000ペソ(2008年6月)
 ふつうは、200gとか4分の一ポンドとかで買います。

Cabano
[Cabano]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
ヨーカ堂で「期間限定コロンビアコーヒー」が販売されていました。

思わず、買ってしまいました。
180gで498円、ちょっとほかのコーヒーと比べると高めですかね。
有機栽培+レインフォレストアライアンス認証の2つを兼ね備えた高品質コーヒーだそうで、日本・コロンビア修好100周年を記念した期間限定です。

袋からもれてくる香りはとても良いです。

飲んだら、またリポートします。でも、ミルがないんだよな・・・

 UCC 期間限定コロンビアコーヒー 498円(180g) 豆

UCCコーヒー  UCCコーヒー
[UCC 期間限定コーヒー]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
Hormigasは蟻です。
そう、虫に義理と書いて蟻。

Santannder県などではこの蟻を食すようです。
Bogotaではあまり見かけることが無かったんですが、Centroを散歩していたら売っているお店がありました。

さっそく、1パックを購入。

味は、ピーナッツと蜂の子をあわしたような、ちょっと塩辛くクリーミーな感じ。
体に良いのかどうかはわかりませんが、信州方面の伊那谷、恵那谷では、蜂や蜂の子を食べたりするので、それに通ずるところがあるかもしれませんね。

 Hormigas Colombianas $3,000(2008年5月現在)

Hormigas  Hormigas

Hormigas
[Hormigas Colombianas]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
ボゴタ市内に、生ビールが飲めるお店が何件もあります。

Bogotá Beer Campanyもそのチェーン店の一つ。
Zona RosaやUsaquen、Calle 85、Parque 93などのレストランが集まるところにはだいたい出店しています。

ここでは、1m程の細長いピッチャーで出てくるビールをテーブルで注ぎながら飲むことが出来ます。
ここのイカリングはなかなか美味しいです。

ボゴタ市内には、テラスがあるお店が多いのでお天気の良い日はとても気持ちよく食事ができます。

コロンビアでは缶ビールが1本60円位で、水より安かったので毎日ビールが飲めたのに、日本では発泡酒しか飲めないのがつらいですね。

通勤や住環境、ビールなど生活の質ではどちらの国が豊かなのか・・・
時々、疑問に思ってしまいます。

イカリング  エンパナダ

ビール
[Bogotá Beer Campany]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
どなたのだったか忘れましたが、海外在住の方のブログに焼きソラマメが出ていたのをみて、食べてみたくなりました。

スーパーでは、ソラマメは沢山売られているので早速挑戦。

中火で4-5分づつ両面を焼いて出来上がり。
とても簡単で、美味しかったです。

日本でも鞘に入ったまま売ってるんだろうか!?

空豆  空豆
[焼きソラマメ]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
Aguardienteの新しい銘柄を入手しました!!!笑顔

久しぶりに違うスーパーのチェーンへ行ったらAntioqueñoのSin Azucarを発見しました。
やっぱり、アンティオケーニョは美味しいです。
さらにシュガー・フリーなのでカロリーも気にせず。
  Antioqueño Sin Azucar $10,180(2008年5月)

日本では、芋焼酎のんでますが・・・

Aguardiente

[関連記事]
  Aguardienteの記事はこちらからどうぞ。
  Aguardieente - Doble Anis - Huila
  Aguardiente - 新銘柄発見2
  Aguardiente - 新銘柄発見
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
コロンビアで書き溜めていた記事です。
こう毎日猛暑が続くと、常春のBogotaの気候がとても恋しいです。

久しぶりに週末のお散歩で初めてのカフェに入ってみました。

手作りケーキとオーガニックのレストラン兼カフェで、週末でさらに場所もそんなに便利ではないところなのに沢山の人が入っていました。

日替わりランチは日替わりスープorサラダ、お好みのラップとデザート飲み物が付いて$12,500ぺそ。
お腹一杯になってしまいました。
平日のお昼は7,000ペソの定食を食べているので、料金は少し高めですね。

宅配もやってくれます。

何気に、近所の公園Parque 93にも出店していました。

 Myriam Camhi
  Calle 81 No.8-08 TEL:345-1819
  Calle 113 No. 7-21. TorreA, Local 108 TEL:629-5526
  Centro Comercial Andino, Terraza de Comidas TEL:236-2820

Myriam Camhi  Myriam Camhi
[Myriam Camhi]

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
Aguardienteの新しい銘柄を入手しました!!!笑顔

旅先で購入した新銘柄の第2弾です。

今回の銘柄はAntioquia県のAntioqueño EXTREMO 。
”EXTREMO"は頂点とかの意味もありますが、行き過ぎという意味もあります。
アルコール度は35度と、20から25度のアグアルディエンテからするとちょっと行き過ぎのアルコール度ですね。

Antioqueñoは好きな銘柄で、良く飲んでいました。
結構美味しい味で、Bogotaで売ったらかなり行けるんじゃないかと思います。

 [関連記事]
  Aguardienteの記事はこちらからどうぞ。
  Aguardieente - Doble Anis - Huila
  Aguardiente - 新銘柄発見2
  Aguardiente - 新銘柄発見

EXTREMO

 Media Botella:$10,250(2008年4月)
 アルコール度:35度
 醸造:Fabrica de Licores de Antioquia
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。