南米コロンビアやアウトドアなど、思いつきで書いていきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岩手県の災害ボランティアセンターに来て1か月が過ぎました。
初のレポートです。

 この夏のお盆は、東日本大震災による未曾有の災害を経ての初めての盆になります。
 岩手県沿岸部の陸前高田市、釜石市、大船渡市ではボランティアセンターも8月13日から16日のお盆期間中は、ボランティア活動を中止し亡くなられた方々の霊を静かに迎えることになります。

 震災直後は、雪のちらつく寒い中、避難所へ入り、自衛隊や自治体、ボランティア組織からの炊出しや全国から届く支援物資、足湯やマッサージ、音楽演奏など様々な支援を受けていました。

 しかし、震災から5ヶ月が経過し、新たな局面を迎えています。沿岸地域では、住宅会社やプレハブ会社が建設した仮設住宅への移転が進められ、これから自治会組織や地域のリーダーの選定が進んでいきます。一方で、仮設住宅では元のコミュニティから離れてしまうこと、炊き出しや支援物資の配布が止まってしまうことなどから、入居をためらわれている人も多くいます。
 
 さらに、津波の被害を受けた沿岸部はまだ手が付けられていない全半壊の家屋が多く残っており、建て壊し作業や瓦礫の除去が続いています。また、これからは瓦礫の除去や掃除などに加えて、仮設住宅での引きこもりや孤独死を予防するためのソフト面での活動が重要となっていきます。仮設住宅によっては集会所や談話室などの公共スペースが無く、ボランティア活動を通して、移動式のテントを利用しての足湯やお茶っこ活動を通してコミュニケーションの場づくりに取り組んでいます。

 被災地ではまだまだボランティアの手が必要とされています。

 皆様も、ぜひ夏休みやボランティア休暇等を利用して被災地の支援をしてみてはいかがでしょうか。上記のお盆期間を除き、どなたでも(外国の方でも)、1日からでも、参加が可能です。体力に応じていろいろな仕事があります。

●「遠野まごころネット」でのボランティア参加方法
ホームページ上の「ボランティア募集要項」を良くご確認いただき、「ボランティア個人登録フォーム」から必要事項を記入の上、登録ください。


被災地  被災地
[岩手県沿岸被災地]

仮設住宅  仮設住宅
[仮設住宅]
スポンサーサイト
これでこのシリーズも終わり。
明日からは、心機一転、新年度のテーマを見つけたいと思います。

山へ行くと、お風呂に入らないことや、野キジを撃つことは普通なので忘れがちになるが、衛生状況の確保も重要な課題になる。

【トイレ】
まずは、トイレ。
学校の体育館などは、数百人規模の利用を想定していないため浄化槽がすぐにキャパオーバーとなってしまう。
行政側の支援が開始されるまでの間は、特に避難者側で注意して使用する必要がある。
最近は、山でも携帯トイレを使うよう呼びかけられているが個人で備蓄している人はまだ少ないのではないだろうか。
ポリバケツなどにゴミ袋を被せて使うのが良いのかもしれない。
その際も、ツエルトがあれば周囲を囲うことができる。

近くに大きな公園や畑があれば、大きめの穴を掘って使いまわしてゆけば有る程度の人数にも対応できるだろうか。
携帯トイレをいくつか用意しておくか、黒いポリ袋を用意しておくようにしよう。

【お風呂】
近くに天然温泉が湧いていない限りは、なかなかお風呂に入れるようにはならないのではないかと思う。
ウェットティッシュなどを持ち出し袋に入れてあるので当面はそれでしのげる。
給水が始まったら、タオルなどを使って体を拭いて対応ができる。
山では最長で1ヶ月弱を風呂なしで過ごしたことがあるのである程度は我慢ができると思うが、夏だったら大変だ。
また、子供がいる場合はベビーパウダーなども用意しておいたほうが良いだろう。
まあ、給水が開始されるまでは我慢はできるので、この問題はほって置いても良いかもしれない。

【着替え】
災害グッズには使い捨ての紙トランクスは入れているものの、着替えは入れていない。
夏場などはTシャツやパンツは替えたくなるだろうな。
2枚あれば洗いながらローテを組むことができそうだが。
服ぐらいは我慢だろうか。

【その他】
歯磨きも何とかしたくなるのではないだろうか。さすがに、非常用持ち出しには入れていない。
家に入れればそこで調達するしかない。
高齢の方は入れ歯を使っている人も多いと思う。避難所でも入れ歯洗浄剤の差し入れは有り難かったようだ。

いろいろなケースを考えると、あれもこれも必要となってしまう。
最低限の必要装備を持ち出しに入れておき、あとは、身近にあるもので導対応できるか応用力をつける必要がある。
山行でもどうしても、装備が多くなり勝ちなので、あえて装備を減らして知恵で乗り切る訓練をしてみようかな。


Fire
生活上もいろいろと検討しておかないといけない事項がある。

【調理器具】
まずは、調理器具。
家での鍋物や車でのキャンプの際にはカセットコンロを使っている。これは、燃料も比較的入手しやすいので災害時にも役立つので、取り出しやすい場所に保管場所を変更したい。

一方で山で使う調理器具はODガス缶のもの、ホワイトガソリンのもの、ガソリン・灯油に対応するものがある。
ODガス缶のコンロはコンパクトで良いが、燃料の入手が困難になりそう。
今回の災害では、ホームセンターやスーパー、コンビニではカセットガスがすぐに品切れになったが、ホームセンターのODガス缶は減り方が比較的ゆっくりだった感じがあるので、早い段階で調達に走れば入手が可能かもしれない。

心強いのは、マルチ・フューエル対応のMSRだ。これだったら自動車からガソリンを抜き出して使うことも可能だし、灯油も使える。
大き目の燃料缶を用意しておく必要がある。

コッヘルも持ち出せた場合と、持ち出せなかった場合を考えておかないといけない。
缶詰の空き缶や紙コップなどでもお湯を沸かしたり、調理をすることができる。
缶用のハンドルぐらいは持ち出しに入れて置くようにしよう。

【寝具】
支援物資では毛布が支給されるが、やはり寝袋があると大変重宝する。
袋状なので、大きな避難所でも寝袋の中で着替えたりすることもできる。
何よりも温かく寝られることがうれしかった。
マットもあると良いのだが、これもどういう状況で避難するのかで変わってくる。

結局、自宅に入れるか入れないかで想定が変わってしまう。
普段から、登山用品をザックにパッキングして置いておくのが一番良いような気がしてきた。

emergency_kit
[MSR]

しばらく、このネタが続きます。

災害時の住居はどうするか。

職場から自宅までは徒歩で3-4時間なので、大きな怪我や橋梁の崩落などがなければ半日でたどり着ける。
万が一の際は、職場の非常用持ち出しグッズに入れているサバイバルブランケットとポンチョで野営が可能となっている。
さすがに、ツエルトまでは入れておく必要は無いかなと思う。
自宅までそれなりの距離がある人は、途中での野営を考えておく必要があるかもしれない。

自宅が半壊状態であればテントなどを持ち出して、避難所でテント設営が良い。
大きな体育館などだと、やはりプライバシーの問題や対人関係でのストレスが生じるようだ。

避難所に入ることとなった場合は、床からの寒気、建物内の寒気などに気をつけないといけない。
ツエルトがあれば、プライバシーも寒さも有る程度の解消ができそうだ。
自宅に入れればテントの確保ができるが、非常用持ち出しの中にツエルトを入れておくようにしたい。

マンションの外に、新聞、ダンボールの集積所があるので早い段階で確保できれば、ダンボールハウスや防寒のための新聞紙などの確保が可能だと思うが、住民で公平に分ける必要がある。

う~ん、住居の問題もどこで災害にあうのか、自宅の状態がどうなのかで大きく変わってしまう。
いっそのこと、キャンピングカーを購入し、平地の駐車場に入れておけばつぶれずに生活は可能になると思う。

移動手段が確保できれば、実家の方などへ避難することも検討が必要になりそうだ。
徒歩で、東海道、甲州街道-中山道を歩くシミュレーションもしておこう。

emergency_kit
[テント]

燃料の安定供給が始まり、物流も戻りつつあるがまだ、スーパーの棚はスカスカの状態が続いている。
一時期は、なぜこんなものまでと思うものが品切れになっていた。
カセットガスや水はまだまだ供給されるまでには時間がかかりそうだ。

災害時に向けてどのような食糧を備えておくと良いだろうか。
一般的に災害後に行政からの支援が届くまで最低3日間は掛かると想定されており、それまでは自分達で食いつなぐことが必要。
今回のような非常に大規模な災害が首都圏を襲った場合には、3日間では無理かもしれない。

災害直後は、電気、水、ガスなどが止まっていると想定して、水や火を使わなくても食べられるものを用意しておく必要がある。この辺は山での非常食と共通している。
災害直後からライフラインの復旧まで、いくつかのケースに分けて考えておく必要があるのでは無いか。

【災害直後:自宅や避難所まで】
自宅にたどり着けないケースやたどり着いても倒壊していて入れない場合は、最悪のケースだ。
職場から持ち出す非常用セットが全てになる。職場に保存食や飲料水を置いておく必要がある。

職場には緊急食糧ER3と救命水のセットを用意している。
このER3はコンパクトで長期保存が可能なので、山へ行くときの非常食としても携帯している。
今回、これに加えて500mlのペットボトルと、スニッカーズなどを3本追加した。
小さくて高カロリーなものを選んでいる。

自宅まではこの非常食で何とかなるが、自宅が倒壊していた場合は、どうしよう。
マンションの瓦礫の中から、我が家の備蓄を探すしかないのか。
新たな課題だ。

以前に車を所有していたときは、車にはTHE ARK3を乗せていた。車で移動する人などは車を初期の避難シェルターとして活用することもできる。
でも、発災後は公道を走らないようにして欲しい。今回のケースでも道路が車で埋まり、緊急車両がまったく通れない事態が発生していた。

【災害直後:自宅到着後:インフラが無い場合】
運良く自宅に戻れたら、災害備蓄の前に冷蔵庫、冷凍庫のものを活用する。
我が家では大き目の発砲スチロールの箱を用意しており冷蔵庫、冷凍庫から必要なものを移して、まずはそれらから食べることを想定している。
キャンプ用の保冷バックなども役立つ。

調理が不要な食糧としては、長期保存のリッツ缶、魚の煮付けなどの缶詰、緊急食糧ER3と救命水のセット、飲料水は救命水に加えて普通のペットボトル2L入りを一箱常備している。
1日一人当たり3Lの飲料水が必要と言われているか、夏場だともっと多くが必要となる。

装備の中からカセットコンロなどを持ち出せたら、お湯を沸かしてインスタント食品なども食べることができる。
登山用を兼ねてだが、アルファ米やフリーズドライのスープ、味噌汁などを常に在庫がある状態にしている。

この段階でもいつごろから給水が始まるのかを見つつ、常備している飲料水を使わねばならない。なるべく、調理や水が不要なものから手をつけて、行くのが良い。

【避難段階:避難所での食糧配給】
避難所に入り、行政からの配給が始まった場合。
何らかの食糧が配給されるが、当初は数量も少ないことが想定される。また、火災等の予防の観点からも調理が不要となるおにぎりやパンが中心となると思われる。
インスタントスープなどをカセットコンロで作り、温かい飲み物と一緒に食べることができると良い。
でも、数百人単位での避難所で、自分達だけが温かいお湯を沸かして食事ができるかはわからない・・・

食糧配給と同時に、給水活動も行われることが想定される。
小さなペットボトルでは、不十分なので5Lや10Lのポリタンくを用意している。
我が家では、ぺっしゃんこになり携帯のできる10Lと5L、2Lのポリタンク、同じくぺしゃんこになる給水バケツを自宅の防災持ち出しグッズの中に用意している。

食料品も、災害用に限定せずに、パスタや缶詰などは日ごろから使うものなので特売日などにちょっと多めに購入し、常に備蓄状態にしておくのが良いのではないかと思う。
非常用のグッズも、キャンプや登山などのアウトドアで使えるものは災害時も非常に役立つ物ばかりだ。
いざという時に取り出せる場所での保管を検討しないといけない。
一戸建てなら、外に物置を配置して、家が倒壊してもこれらキャンプ道具を取り出せるようにしておくとその後の対応が大きく変わってくる。

東京では、戸建ては難しいな。

首都圏は人口が多いので、災害時の食糧の問題は深刻になると思う。
初期の段階で、安全を確保したら地方への疎開を急いだほうが良いのかもしれない。
ボーイスカウトのモットーは(規範)『備えよ常に(Be Prepared)』だった。
Wikiによると「いつなん時、いかなる場所で、いかなる事が起こった場合でも 善処が出来るように、常々準備を怠ることなかれ」という意味だと書かれている。

今回の災害では、震源地から遠く離れた東京でも帰宅難民が発生するなどの状況が生じて混乱があった。
また、その後の計画停電や放射線等の影響でも、買占めや燃料不足などが生じている。
日ごろからいろいろな準備が必要であることを改めて再認識した。

これまでのボーイスカウトや登山の経験から、我が家の防災対策を見直しつつ皆さんに役立ちそうな情報を発信できればと思う。

まずは、3月11日の東京での帰宅困難状況を振り返ってみたい。

以下の写真は、会社の机の中に常備していた非常用セット。
このセットの他に、毎日の通勤鞄にポケットラジオマグライトツールナイフ、ポケットポンチョ、火災用スモークシャットアウト、自宅までの地図を入れている。
今回は、この装備を持ち出して途中で家族をピックアップし自宅まで歩いて帰った。この非常用セットは同じものを妻の職場にも置いている。
出発前に500mlのお茶を1本購入、途中でコーヒーショップでコーヒーとドーナツを食べて休憩した。

【家族との連絡】
地震発生後、職場の電子メールにてやり取りを行い集合場所等の確認を行った。
その後、携帯メールでのやり取りとなったが受信遅延などでタイムリーなやり取りができなくなる。
災害伝言板を使ったが、先方が使い方を知らなかったため多少の支障がでた。
連絡方法をあらかじめ複数決めておく必要がある。また、実際に使ってみて習熟しておくことが必要。

遠方の両親などへもメールや伝言板の使い方を共有しておくことと、親族の連絡先リストを作っておくと良い。妻の家族の連絡先がわからなかったので、集合場所で落ち合えなかった際などは連絡不通となってしまう。

【家族との集合場所】
家族との集合場所もいくつかのケースに分けて事前に確認をしておく必要がある。
状況にもよるが、帰宅しないと判断した場合と、徒歩で帰宅する場合のケースがある。
帰宅しないケースでは、双方が徒歩で向かえる広域避難場所を決めておき、その中のどこの場所で落ち合うかまで確認が必要。

これまで、自宅と双方の職場の中間点にあたる広域避難場所1箇所しか決めていなかった。交通が動かなくなると徒歩で集合場所へ向かう必要がある。あまり大きな場所だと落ち合うのも大変になる。
今回は、妻の方がバスに乗れそうだったので、急遽、JRの駅を集合場所として当方は徒歩で向かった。
駅前は多くの人で混雑していたため、合流点としては駅から少し離れたわかりやすい場所で安全な場所が良い。今回は近くに警察署があったので、警察署を合流点としておくと治安上も安心だと思う。

【地図】
帰宅前に地図の印刷をしている人が多かったが、災害時には停電ということも有るので、あらかじめ災害帰宅地図や家までの経路を印刷しておくと良い。
地図はPCで印刷した自宅までの経路のものをジップロックに入れて鞄の中で常備していた。
しかし、今回のケースでは家族との合流点を変更したため一部が地図の圏外だった。100円ショップで首都圏地図を購入し、非常用パックに追加をした。
時間があるときに、何区画かに分けてでも実際に歩いておくことも重要だ。私達は一部の区間を除いて、実際に歩いているコースだったので、あとどれくらいでどこまで着くのかがわかり、またショートカットルートや公園のトイレなども位置がわかっていたので助かった。
コンビニのトイレは長蛇の列だったが、路地を入った先の公園のトイレはがらがらだったのでその辺も確認ポイントとなる。

【電池】
ライトやラジオなど乾電池を使うものは、電池のサイズを統一しておくと便利。
非常用セットでは、ラジオは単4でヘッドランプは昔、山で使っていたものなので単3と統一されていない。同じ電池だと予備電池の共有で荷物を減らすことができる。
会社の常備用に新しいヘッドランプを買うのためらわれるのが、再検討したい。ラジオを単三にした方が安いかも。

【防寒・防風】
ポンチョは暴風雨のみならず、防風効果もあるので風があるようなときに羽織ると効果が高い。
また、職場を出る際に新聞を持ち出せるのであれば何枚か鞄に入れておくと焚き火の焚き付けや防寒等に役に立つ。
職場から家まで遠い人は、サバイバルブランケットを1枚入れておくと途中での仮眠が可能。

【今回、新たに加えた物】
肩掛け鞄で長時間歩くのは疲れるので、使っていないコンパクトなサブザックを一緒においておくことにした。通勤鞄から入れ替えて背負って帰ることにする。

昔、ユニクロで買った防風ジャケットを一緒に入れておくことにした。これはポケットに全てを詰め込めるコンパクトなもの。スーツにコートを着ていたがもう一枚あると冬場は助かる。

ペットボトル飲料500ml、パワーバーなどの食糧3本。
救命水と非常用食糧を入れているが、救命水は空けてしまうと飲みきらないとならない、ペットボトルがあれば中身を移すことが可能になる。

また、女性は運動靴があると良いとの声が多かった。職場に1足置いておくと良い。

帰宅経路で一部、ガラスが割れて堕ちており、ヘルメットの必要性も感じたが、どうするか検討している。
コンパクトに折りたためるものもあるが、昔使っていた競技用自転車ヘルメットを再利用するか、防災を口実にクライミングヘルメットを買い換えるのも良いかな・・・

【その他】
今回のような帰宅が困難となるケースに停電が加わると、無秩序状態になる可能性がある。
コンビニなどは一気に物がなくなっていた。真暗になると防災ザックや女性などは狙われる可能性もあるので、同じ方向の人たち複数名でグループを組むことも必要。

[職場用非常セット]
emergency_kit

【非常用持ち出しセット】
ヘッドランプ、パラシュートコード 15m、ミニツールナイフ、サバイバルブランケット、7機能サバイバルホイッスル(Logos)コンパクトワークセット(軍手、タオル)、ゴム手袋、ウェットティッシュ、マスク3枚、ER3 1箱、救命水500mlロングライフ・カロリーメイト2箱、以上を基本セットとして、医療キットとして三角巾、包帯、滅菌ガーゼ、人工呼吸用マスク

【防災グッズ専用サイト】
 レスキューネット
 イクシス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。